« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月28日 (日)

2年前の平渓線「福爾摩沙號」VIDEO

9月3、4日の週末は平渓線通車90週年の記念列車が走るようです。

記念して、2年前の平渓線「福爾摩沙號」のビデオを紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

2011夏 台湾撮影記(最終日 8月22日)

今回の撮影旅行も早くも最終日。
今回は昼頃に出発のCX。今までは帰国日に現地出発していたが、今回は前日に桃園へ戻った。
理由は、折角の平日なので、桃林鐵路としての林口線の旅客列車撮影と林口線の煤列撮影だ。

そのために、林口線まで徒歩5分という原鶴ホテルに泊まった。
まずは朝の桃林鐵路。
前回はDR2510だったが、最近はDRC1000らしい。桃園の街中と緑のミスマッチの中で構えるとやって来たのは、やはりDRC1035+1025だった。

2011-8-22 桃林鐵路 3301次 桃園高中~寶山
20110857_20110822_01d11_3850

一旦、ホテルに戻り、帰国準備。
もう一度、3302次とその直後に来るであろう、1916次を撮りに行く。
時間を見誤り、3302次は撮り損なったが、まあ、直ぐに煤列が来るだろうと待つ。
しかし、1時間経っても来ない。
もう、帰りのタイムリミットと諦めて歩き出すと、踏切(平交道)が鳴り出した。

2011-8-22 林口線 1916次 R24+煤列 寶山(福山平交道)
20110827_20110822_02d11_3880


これで、一通りの予定を消化。満足して帰国することができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

2011夏 台湾撮影記(第4日 8月21日 その2)

ここまでは大安渓橋の南岸での撮影だ。
午後(下午)は視点を変えて、北岸を下見してみた。

すると、新大安渓橋が良い感じだ。思わず撮影する。こうなると、昨日の廻送が実に惜しい!
湿気は相変わらず多くて火炎山がハッキリ見えない。


2011-8-21  EMU500 
20110825_20110821_01d11_3756


この旅行最後となる舊山線の撮影も、この大安渓北岸から撮影した。
最後は河原に下りて川面を入れての撮影をした。

2011-8-21 3916次 泰安(舊)~勝興
20110825_20110821_02d11_3816


この後、廻送を撮るため、更に新大安渓橋で待つ。
ようやく湿気が減り視界が良くなる。

待つ間に通り過ぎる列車を撮る。

2011-8-21 EMU700
20110825_20110821_03d11_3824

しかし、廻送はやって来ない。綺麗な夕陽も沈み撮影困難となって名残惜しく引き上げた。
ああ、また宿題が出来てしまった・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011夏 台湾撮影記(第4日 8月21日 その1)

21日も舊山線。昨日に続いて大安渓のススキに拘る。

朝の廻送が無いので三義へ直行する。
站の手前の三義交流道(IC)付近の省道脇に看板があったが、なぜかCK101+DR2050だった?

20110824_20110821_11l1030112


午前(上午)の3913次は勝興で15分停車しかない。昨日のように1號隧道付近で撮影していると観光客の渋滞に巻き込まれそうだ。
欲張らずに大安渓橋へ直行した。すると昨日撮影した河原への道のゲートが閉まっている!
車が入れないのでゲート前から徒歩で向かう。
やっとのことで、ススキを掻き分け、昨日の曇りのリベンジのために構えるが、湿気が多い。
スッキリしない空気の中を絶気状態でCK124は通過していった。

折り返しの3914次は気分を変えて別アングルで撮影した。


2011-8-21  3914次  泰安(舊)~勝興
20110824_20110821_12d11_3740


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

2011夏 台湾撮影記(第3日 8月20日)

20,21日は今回の旅行のメインテーマの舊山線撮影だ。
5月と同じ台中のホテルを拠点とした。
今年の運転は土曜日に彰化から三義へ廻送し、
2往復後、三義に駐泊。
日曜日に2往復後に、彰化へ廻送となっている。

従って、今日は朝の廻送から撮影開始だ。
朝食をしてホテルを出発したのは8:00.
既に廻送は彰化を発車している。高速で后豊まで急ぐ。
ロケハンをしながら大安渓に着いて、線路を見ると、CK124が併走していた。
大慌てで撮影するが、ちょっと時間を読み誤ってしまった。

2011-8-20  泰安~三義(新大安渓橋)
20110824_20110820_01d11_3537

3913次は一號隧道付近の築堤で撮影後、舊大安渓橋に向かった。
昨年、素晴らしいススキの大平原を見たものの雷雨のために良い写真が撮れなかったことへの再挑戦だ。
まずは、昨年と別アングルで撮影。空は湿気が多く白いものの日差しはあってススキが輝いた。

2011-8-20 3913次 勝興~泰安(舊)
20110824_20110820_02d11_3563


午後の3915次も一號隧道付近の築堤で撮影後に舊大安渓橋へ向かった。
無難に昨夏とほぼ同じアングルへ向かうと、そこには彰化機務段の面々が集合していた。
これは煙が期待できると思い撮影。
少し曇り気味だが昨年よりは、まあまあの天気で主題は消化できた。


2011-8-20 3915次  勝興~泰安(舊) 舊大安渓橋
20110824_20110820_03d11_3673

折り返しの3916次も、少しアングルを変えてここで撮影。
しかし、しっかり曇り、しかも素!

結局、1日で4回の大安渓橋撮影となった。


最後に三義へ戻ると・・・・・
ここに駐泊のCK124の煙突に中途半端な木片が置かれていた。 これは蓋?

20110824_20110820_04d11_3716


妙な物を見て本日の撮影を終了して台中へ引き上げた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011夏 台湾撮影記(第2日 8月19日 その2)

台東での租車を走らせての撮影は僅か5時間。

5時間で2000元の租車と前日の2時間で1200元の計程車ってどっちが高い?


この後は、台東から枋寮まで藍皮客車の普快354次に乗車だ。
この日の編成は、R108+40TPK32215T(印度)+35SPK32778

印度車には、「朝晩は婦人専用」の表示があるせいか、平快車が大混雑。
のんびりできる感じではないし、暫く印度車に乗っていなかったこともあって今回はTPKに乗車した。
炎天下で留置の残る車内であるが走りだせば風が気持ちいい。

太麻里で、台東行きの普快355次と交換。

一昨年の莫拉克颱風暴雨で壊滅的被害を受けた太麻里川周辺の集落跡は、河床と言える変わりよう。
暴雨の怖さを思い知らされる。

20110824_20110819_11d11_3508


瀧溪で交換待ちで停車。
鐵路迷がいると知ってか列車長が、交換だよと教えてくれる。
殆ど、台東で撮影終了して窓から眺めているだけ状態だったが、何度も教えてくれるので站撮りしたcoldsweats01

2011-8-19  莒光93次 と、 普快554次 TPK32215  瀧溪
20110824_20110819_12d11_3513

枋寮には定刻着。ここから莒光82次で新左営へ。
座席は屏東で変更になっているので混雑が予想されたが案の定の大混雑で無座票で座っている人を退けての着座となった。

その後は高鐵で台中へひたすら移動して租車を受取り明日からの舊山線撮影に備えた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

2011夏 台湾撮影記(第2日 8月19日 その1)

今日は早起き。

花蓮 5:50発のDR2700形の普快557次に乗るからだ。
夜明けの花蓮站に停車中の編成は
前からDR2716+2707>+<2722+2703
このうち、後ろ二両が復元色だ。
定刻に発車した列車は清清しい朝の空気の中を快走する。
地元の高山線のDCと同じカミンズエンジンのサウンドは耳慣れているが、
45年も前からこの車両はこんな快走を台湾でしていたのだから驚きだ!

沿線は電化工事のために所々の工事で掘り起こされtる。
渓口の天井川の隧道は別線建設中だ。站はどうなるのだろうか。
途中の鳳林では、DR2700の568次と交換と、DR3100の自強2054次の退避だ。
この站の月台は花東線らしい大理石だ。

 2011-8-19  普快557次、自強2054次、 普快568次
20110823_20110819_01d11_3386

玉里までの窓全開の旅を終了。ここから莒光67次で台東へ向かう。
驚いたことに玉里站ではWiFiが無料で使える。こんな地方の站で・・・日本では想像がつかない。

2011-8-19 筥光67次と、DR2700  玉里
20110823_20110819_02d11_3440

花蓮から、わざわざ非冷房の普快に乗り、玉里から莒光で台東へ行くようなコースを取る日本人は私くらいと思ってたが、なんと全く同じコースの夫婦が見えた。
私は台東で撮影後は台中へ向かうが、御夫婦は台東泊だというが少々驚きました。

台東到着後は予約していた租車で撮影へ。
電化で新線となりそうな山里付近、月美付近や關山の日本時代の站舎を撮影した。

2011-8-19  莒光75次 關山~月美
20110823_20110819_03d11_3476

かつて、CK124の「SL鐵鹿號」 を撮影した場所の殆どが廃線とは、ちょっと残念。

2011-8-19 80次「環島之星」 鹿野~山里
20110823_20110819_04d11_3493


山里の小さな站も変貌するのだろうか。

2011-8-19 山里站
20110823_20110819_05d11_3496


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011夏 台湾撮影記(第1日 8月18日 その2)

一番暑い時間帯はホテルで休憩。

夕方になって仕事を終えた街猫先生と合流した。
花蓮へ来たら、LK59を撮ろうと思っていたが残念ながら故障で修理中だという。
庫内にあり撮影もできないので扉の隙間から、同時に復旧した花東線の狭軌車両を撮影した。

2011-8-18 花蓮後站
20110823_20110818_11l1030031

その後、花蓮港へ。丁度、貨列が到着しており、港區線での入換えが見られた。
海沿いの港區線を行く列車やイルカ観覧船とのコラボなど、色々と撮影が楽しめた。

2011-8-18 R193+水泥貨列 港區線
20110823_20110818_12d11_3276

2011-8-18  R193 単機と、イルカウォッチング船(賞海豚船)
20110823_20110818_13d11_3308

街貓先生,非常感謝。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011夏 台湾撮影記(第1日 8月18日 その1)

今日から台湾一周。 予定は

8月18日 台北→北廻線→花蓮

8月19日 花東線(DR2700普快乗車、藍皮客車普快乗車)→新左営→台中

8月20,21日 舊山線

8月22日 桃林鐵路、林口線 →帰国

まずは、ゆっくり8時の自強で花蓮へと思い、6時に台北火車站へ行って、8:00発の自強1079次を予約しようとしたが、無座!
站員は7:20発の自強1091次を薦めてくれた。これ、実は太魯閣号なので乗りたいのだが、朝食をホテルでしてから7:20乗車は厳しくて断念。
結局、10分後の7:30発のPP自強2031次で新城までの車票を購入した。
この自強2031次 実は、莒光よりも遅いとんでもない列車だったのですが、清水断崖での撮影には手頃な時間帯だったので我慢です。

2011-8-18  PP自強2031次  新城
20110823_20110818_01d11_3220

新城は観光地太魯閣の玄関口。
荷物もあり計程車で撮影に行く。まず値段交渉だが、1500元と言ってきた。
新城から清水断崖は11Km
運転主は片道でも800元すると言っていたが高い!
結局、時間も際どくなり、2時間貸切1200元で妥協。
(後日談: 桃園では15Kmで400元未満だった)

FBでの皆さんの作品で撮影地点は的を絞っていたので、まずは清水隧道の北出口へ向かう。
ここで、復興170次、自強(太魯閣)1086次などを撮影。その後、移動して貨列などを撮影した。

2011-8-18  自強1086次 TEMU1000  和仁~崇徳
20110823_20110818_02d11_3225


貨列が撮れたのは実に幸運でこれに満足で引き返すことにしたが、計程車の運転手が別のポイントへ連れて行ってくれた。
そこは清水隧道の南口。

待っていると、工臨や、商務車編成の莒光の臨時などがやってきた。

2011-8-18  軌条輸送列車(工臨)  崇徳~和仁
20110823_20110818_03d11_3249


まあ、1200元のモトは取れた感じで新城へ戻る。
本日の宿泊地 花蓮には手動扉の莒光40次で昼過ぎに到着した。

2011-8-18  莒光 40次 花蓮
20110823_20110818_04l1030030


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011夏 台湾撮影記(移動日 8月17日)

お盆の帰国ラッシュが残る中部空港を17日にCXで出発。

名鉄岐阜では中空からの折り返し電車の乗ったが、帰国客で到着電車は混んでいたものの、乗車するとガラガラになっていた。

2011-8-17 名鉄岐阜  2307F
20110823_20110817_01d11_3201


不順な天気で、電車での移動途中で激しい雷雨に見舞われたが、果たして中部空港も雷雨で離発着が中断していた。
既に到着のはずのCX530も未着で国際線エプロンは航空機が一機も居ない状態となった。
20110823_20110817_02dcf00114


これは初めて見る光景でちょっと不安に・・・。

20分遅れてCX530が到着。ほっとひと安心で台湾へ出発となった。

CX530 A330 B-HL1
20110823_20110817_03d11_3209

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011夏 台湾撮影記(8月18日~22日)

今年も盆休みを利用して、台湾へ撮影に行ってきました。

今年の夏のCK124は南投火車好多節での運転が無く、舊山線の週末のみ。
会社の休みが盆の後半にシフトしていることもあって、
旅の前半のメインは電化前の花東線、後半は舊山線で昨年の宿題を果たすとするために有休を繋げて盆ピ-ク後の17日に出発して台湾鐵路を4年ぶりに時計回りに一周してきました。


簡単ですが撮影記を載せますのでお付き合いください。

写真は8月21日の舊山線 第一號隧道出口のCK124 3915次
20110823_11_20110821d11_3777

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

明智町納涼花火大会

今年は地元の大きな花火大会が無い反動か各地の花火を撮っている。

意外に撮っていなかったのが明知鉄道。ローカル線故になかなか列車と花火の組み合わせは難しいが明智町の花火大会は撮れそうだと行ってみた。
ここは真岡鐵道茂木と同様に山の上からの打ち上げだ。

初めての所で思った以上に大きな花火にセットアップが慌しかった。

20110814_11_d11_3153

2011-8-14 アケチ14 明智  

ほかにも、真岡鐵道と明知鉄道には共通点が多い。
C12が走ったローカル線
里山の中を行くローカル線。

富士重工のLE-CARが走った線。
この先の計画線が建設凍結となった盲腸線・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

8月の更新

8月の更新は夏らしく花火。

今年は、若桜鉄道、真岡鐵道と2箇所でC12と花火のコラボが楽しめましたので、早速に更新しました。

なお今月のギャラリーは1980年の盆の夏臨撮影を紹介しました。



いつものようにホームページからお入りください。


  「ロコのページ」

真岡夜行列車は7月30日運転。
この日、日中の列車は集中豪雨のため運休となったが、夜行列車は予定通り運転された。
茂木へ夕暮れに向かう下り列車は、昼間の列車の分も含めたような大サービスの蒸気と煙の演出だった。

2011-7-30  9003レ  市塙
20110801_11_20110730d11_2976


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »