« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月26日 (火)

若桜町納涼花火大会(2)

C12の設定が終わり、構内の車輌の入換えも終わって、職員から構内の立入り許可が出た。
後は汽笛一声で花火開始を待つばかりだったが・・・・・
会場から聞こえた放送は、こんな内容だった。
 「今年は、ちょっと打ち上げ場所を変えてみました。」
長時間この時を待ち続けた人々からざわめき・・・・。

果たして汽笛の後、打ち上がった花火は、C12からは全く画角が外れた上流からだった!
大慌てで場所を全員が移動する羽目になった。
結果として今回はこのようなサイドからの撮影となった。

約30分の短期勝負。フィナーレの花火です。
20110726_11_20110723d11_2705

ところで、大慌てだったのは若桜鉄道の職員も同様で、せっかくの努力のライトアップに車輌位置も水の泡。
小さな街なのだからもう少し連携して欲しいと感じたのは私だけだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

若桜町納涼花火大会

今年も「若桜町納涼花火大会」へ花火とC12のコラボレーションを撮りに行ってきました。

12:00に出発して、移動途中でも撮影していたので、到着は19:00過ぎ。

駅前の夜店には残念ながら浴衣姿はあまり見かけなかず、直ぐに入構料を払って場内へ。
既に昨年のアングルには多数の三脚が並んでいるが、その前を低い姿勢で入れて頂く。
この週末にある関東の某鉄道の花火大会のような殺伐さはない。

給水塔の前にいたC12がいよいよ転車台へ。
ロッドの位置が悪くなんども、往復し転車台も動かしてなんとか位置決めした。
手動転車台故に私も転車作業に非力ながら参加。C12をまわすのは、トラストトレイン以来だ。


ふと見ると、逆光のライトアップの煙を上げるC12が美しい。
ISO3200にして手持ちのカメラで撮影した。
写真の左端に三脚群がチラリと見えています。
20110725_11_20110723dsc_0730


さあ、準備万端。
並んだ三脚位置からはC12の後ろに花火が上がるはずであるが、この後、全員に災難が降りかかる事になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20110709集集線復駛通車

遅くなりましたが、7月9日から全線改良開通した集集線のCK101+CK124記念列車の写真を台湾の邱さん、街猫さんから頂きましたので紹介します。


試運転時の写真  撮影:邱さん
20110725_01_000707s


集集線復駛通車記念列車  撮影:街猫さん
20110725_02_286

20110725_03_287


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

参宮線100周年記念列車

明日,21日には参宮線100周年記念列車が、キハ40,48 国鉄色3連で運転される。
残念ながら仕事のため私は行く事はできませんが、その列車となるために美濃太田から国鉄色キハ48 2連が今晩回送された。

20110720_11_d11_2625

帰宅途中でパチリ。
台風一過の夕焼けと組み合わせて撮ることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

7月9日から集集線運転再開

昨年4月から運休して、改良工事を行っていた集集線がようやく復旧する。
「2011南投火車好多節」の開幕日でもある7月9日の開業には
CK101+CK124の重連記念列車が運転される。

國寶級蒸汽車頭 推升集集線觀光產業


私は丁度、定期診察で金曜日から休暇なので、丁度のタイミングであった。
しかし、残念ながら、病院に行った後に間に合う、CXは満席で涙を飲む事になった。


CK124はこの後、入廠するようだし、台湾行きは8月までお預けかなあsweat01
電力ピークを回避するために急遽設けられた夏の連休はどうしたものか。

写真は昨年の南投火車好多節 最終日(2010-8-8)
20110708_11_20100808d10_2052


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

7月の更新

「ロコのページ」を開設して13年目になりました。

今年は梅雨明けが早そうです。
花火が待ち遠しいですが、我が岐阜の花火大会は震災の自粛で二つの大きな大会が中止になりました。

今年はどこで花火が見れるか・・・・

なお今月のギャラリーは「太平洋」を跨いだ写真としました。


いつものようにホームページからお入りください。


  「ロコのページ」




ホームページ表紙写真から
Top201107


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »