« 台湾鐵路局 舊山線復駛撮影記(6/5 その6) | トップページ | 台湾鐵路局 舊山線復駛撮影記(6/5 その8) »

2010年6月18日 (金)

台湾鐵路局 舊山線復駛撮影記(6/5 その7)

2本めも勝興站を寄らずに省道経由で龍騰へ。
今回の3933次も停車時間が長く、勝與で約50分、龍騰で一時間も停車する。
余裕十分なので、今回は勝興~龍騰間の167號誌站(167キロポスト信号場)へ向った。
3Km近い複線の信号場とは、流石に大幹線だ。ただし、今回の復活では、信号場機能は復活せず単線扱いだ。
使用されない線路には見学者が次々に集まってきた。

ふと線路を見る。
台湾の軌道はローカル線でもPC枕木になっているが、ここは廃線時の木のままだ。
しかも復活に当たってはマルタイで突いただけのようだ・・・・・・・・(^-^;
20100618_11_20100605l1010914


ちょっと不安も感じてしまう。
そんなことを思っていたら、3933次はゆっくりと通過していった。

 2010-6-5  167號誌站  3933次
20100618_12_20100605d10_1565

|

« 台湾鐵路局 舊山線復駛撮影記(6/5 その6) | トップページ | 台湾鐵路局 舊山線復駛撮影記(6/5 その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾鐵路局 舊山線復駛撮影記(6/5 その7):

« 台湾鐵路局 舊山線復駛撮影記(6/5 その6) | トップページ | 台湾鐵路局 舊山線復駛撮影記(6/5 その8) »