« 台湾鐵路局 南廻線撮影記(6/6 その4) | トップページ | 7月の更新 »

2010年6月27日 (日)

台湾鐵路局 舊山線復駛撮影記(6/7)(最終回)

6/7(月)が今回の旅行の最終日。
当初の予定では、舊山線のCK124運転が6/5,6/7と発表されていたので月曜日まで滞在にしたのだが、予定がすぐに変わる台湾。

CK124の運転は9日の鐵路節になってしまった。
仕方がないので、この日は次回にための舊山線の下見をして帰国とした。

まずは舊山線の南側終点の后里へ。
ここまで線路は開通していないが、一応線路は残っているようだ。
20100627_10_20100607l1010944

今日は下見ばかりで列車撮影なしかも。
折角なのでと、すぐ横の新線を行くPP自強を撮影した。
 2010-6-7  后里 1005次
20100627_11_20100607d10_1673

その後、泰安舊站付近~大安溪橋までの俯瞰を出来るところがないかと山の中を探す。
鉄塔への山道を登るが見つからず、ギブアップした。
桃園へ引き返すために車を走らせると丁度、高架の泰安新站の脇に出た。
すると、高架下に何故かS302が保存されていた。
20100627_12_20100607l1010965

その後、高速公路で桃園へ。
租車を返却し、自損で損傷した車の弁償手続きをして帰国の途についた。
ちなみに修理代は1035元(約3000円)だった。

|

« 台湾鐵路局 南廻線撮影記(6/6 その4) | トップページ | 7月の更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾鐵路局 舊山線復駛撮影記(6/7)(最終回):

« 台湾鐵路局 南廻線撮影記(6/6 その4) | トップページ | 7月の更新 »