« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

消えゆく風景(2)

岐阜メルサ(1990年11月開店)が今日で閉店となる。
かっては、その前を市内電車が行き来し賑わっていたが、今の徹明町界隈は週末でも寂しい限りだ。

これで岐阜市内のデパートは高島屋が孤軍奮闘するのみだ。

 2005-3-31 岐阜市内線最終日の岐阜メルサ
20090831_21_20050331imgp0456


| | コメント (2) | トラックバック (0)

消えゆく風景(1)

パノラマカー最終運転の最初の撮影は乙川にした。
岡崎城をバックにするこの鉄橋を私は意外にも一度も撮ったことがなかった。

ちなみに、バックに写る松坂屋岡崎店も2010年1月末閉店となって姿を消す。

 2009-8-30  岡崎公園前~東岡崎  7011F
20090831_11_20090830d09_3030


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

パノラマカー最終運転

普段、葬式鉄はしないが、流石に今日の名鉄7000系の「さよなら運転」には行ってしまった。
5000、5500、そして7000系と子供の頃から親しんできた車両が遂に消えてしまうのだから。

個人的には白帯車は好きではなく、これまでのイベント列車は一切撮影しなかったが今日だけは覚悟して行った。

自分流の写真は難なく撮れたが、流石にお立ち台はどこも一杯で、オーソドックスな写真は苦労する羽目になり、ようやく国府近くで撮影できた。

ヘッドマークの
 「1961.6.1~2009.8.30 17622DAYS ありがとうパノラマカー」
という、日数入りヘッドマークはちょっと疑問だが。


 2009-8-30  御油~国府  7011F
20090830_11_d09_3031


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

中華民國鐵道文化協會「迴瀾之星」專列

このところ、写真を撮っていません(T_T)

今回は台湾の街猫先生から写真を送って頂いたので紹介します。

これは、鉄道文化協会が行った藍皮客車による花蓮港線への団臨です。
事前に知っており魅力はあったのですが、流石に簡単には行けませんでした。

8月22日
 411次 樹林→花蓮
8月23日(R122とR174のPP)
 413次 花蓮→花蓮港
 412次 花蓮港→花蓮
 414次花蓮→樹林。

特に注目は、花蓮港線亞泥專用側線へ入線したことです。
台湾のスペシャルイベントは、なかなか凝ったことをしてくれます。

その後も台中港線への団臨(8/27)、DR2700の宜蘭線運転(8/29)などのイベントが行われています。

 413次 花蓮港着
20090829_10_20090823dsc_0211_1


海をバックに専用線を行く412次
20090829_11_20090823dsc_0235_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

盆を過ぎて

盆休みは今日でお仕舞い。

明日からは再び仕事が待っている。実際のところ盆休み中に片付かなかった仕事の後始末が悩ましい。


昨年は、夏休み、盆休みと南投火車好多節へ出かけたが、今年は運転日と休みの組み合わせが悪くて、夏休みだけとなった。
結局、盆休みは遠出もなく「じも鉄」のみであったが、盆休みの間にすっかり夏の空気から秋の空気に入れ替わった感じだ。
真夏の空を撮りたかったが、これも12日でお仕舞いだったようだ。
今日の空は秋のような雲。
結局、真夏の入道雲は今年も満足いく撮影ができなかった。

写真は、2009-8-11 穂積~大垣 東海道線 313系
 雷銀座と呼ばれる、犬山・美濃加茂方面に湧き立つ入道雲を待ち構えたのだが。
20090816_11_20090811d09_2974

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

Web更新のお知らせ(2009南投火車好多節)

「2009南投火車好多節」は、8月23日までの予定で開催されています。

今年もCK124が主役として活躍しています。
今回のCK124の運転については、8月1/2日の2日間だけ、私も撮影を行ってしまいました。

その様子はBlogで紹介してきましたが、写真の整理ができたので、ロコのページの「台湾鐵路局のC12」に追加しました。
「Photo Gallery」の写真はBlogで紹介済みの他に一部追加をしておりますのでご笑覧ください。

 2009-8-1 二水にて待機する、CK124他 3851次
20090814_11_20090801d09_2688


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

台湾撮影記(後日談 員林鎮 ARDI HOTEL 雅迪商務旅店)

今回は私が泊まったホテルを紹介します。

台湾鐵路局縦貫線の員林後站から徒歩5分ほどのARDI HOTEL(雅迪商務旅店)です。
ここは2007年11月の「2007台灣跑水祭」から集集線撮影の際の定宿にしています。

丁度、台湾での日本人の自動車運転が認められたので租車を借りた時に、そんなに交通量が多くなく、地上駐車場があり、かつ、鐵路からも近いホテルが彰化周辺にないかと探していたら、今は閉鎖してしまった台湾の予約サイトであるCTIN(台湾旅遊連盟)で見つけたホテルだ。
予約サイトが閉鎖しても、ARDI HOTELホームページからの予約ができるので今は直接予約をしている。


高鐵台中で租車を借りて、74快速公路・爾摩沙高速公路・76快速公路経由で約30分
集集線の二水へも30分と便利だ。
自助式早餐(バイキングの朝食)は7:00からなので、彰化からの回送撮影にも丁度良い時間だ。
夕食については員林の街には日本食もあるし夜店もあるし、面倒なら7-11などのコンビニも多数あるから生活には全く困らない。

ただし、日本人客は見た事がなく珠に欧米の宿泊客がいるくらいである。
当然、日本語は通用しないから私は片言の英語で用事を済ませているが、皆フレンドリーだ。


20090812_11_20090803l1010614

もっとも私は何度も来る珍しい日本人なので昨年の南投火車好多節の際にすっかり覚えられてしまった。
今回も、7月31日にチェックインすると待ってましたというようなリアクションだった。(笑)

 位置図

     より大きな地図で 員林ARDI HOTEL を表示

続きを読む "台湾撮影記(後日談 員林鎮 ARDI HOTEL 雅迪商務旅店)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾撮影記(第14回 8/3 帰国)

8月3日 月曜日。
この日から会社は操業再開だが私は有休をとってしまった(^_^;

いつものようにホテルで朝食後、チェックアウトして台湾高鐵で桃園へ戻ってCX530便で帰国だ。

もう「いつものコースで気軽だ」と言いたい所だが、今回は気が抜けない。

実は、最近の台湾高鐵はポイント故障が多い。
車両は700Tという日本の新幹線車両だが土木系は欧州系で、ポイントの信頼性を以前にJR東海の幹部が指摘していたと思う。
今回の旅行中も 8/1午前に苗栗で故障して大幅な遅延や運休が発生しTVでも報じられていた。
帰国の時に、こんなトラブルが生じたら笑い事ではない。
気になりながらも、員林站で昔懐かしい国鉄風景を撮る。
20090813_21_20090803l1010618



月台には、荷物列車を待つ積荷(機車)
20090813_22_20090803d09_2937


続きを読む "台湾撮影記(第14回 8/3 帰国)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

台湾撮影記(第13回 8/2 帰国準備)

3854次やPP自強を撮影後は租車返却のためにホテルへ撮影器材を運び込むに帰った。

部屋で一服して夕食も兼ねて高鐵台中へ返車に向かう。
快速公路から中山高速へ入るが週末とあって高速道路は渋滞していた。
予約時間の18:30ギリギリに台中に到着して返車した。

夕食後、新烏日から員林まで区間車で帰るが、EMU700だった。
区間快速だけでなく、既に区間車にもEMU700が進出していた。
 2009-8-2  区間3115次  新烏日
20090813_10_20090802l1010611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

台湾撮影記(第12回 8/2 南投火車好多節)

3854次に俯瞰撮影後、当初の予定では、田中站南で回送の3914次を撮影する予定だった。
本来なら濁水 14:47着、57発、二水 15:12着、30発だが、今日は各列車25分延。
俯瞰場所の通過は15分ほどの遅延だったから、二水は殆ど無停車で彰化へ向かいそうだ。
しかも、この俯瞰場所から直ぐに田中站南へ行くのは至難の技だ。
高台を降りて、目的地へ着いたのは、3914次の後にやってくる筥光22次の更に後だった。

仕方なく、PP自強1021次を撮影して引き上げるが、ここの水田も水が少なくてあまり綺麗な水鏡にはならなった。
これで、本日の撮影を終了。あとは租車の返却と帰国準備だけなのでホテルへ一旦戻ることにした。

 2009-8-2  自強 1021次  田中~二水
20090811_11_20090802d09_2933


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

台湾撮影記(第11回 8/2 南投火車好多節)

3853次は追いかけなかった。
次は今回の訪台で最後のCK124撮影となる3854次~3914次だ。

列車は3805次からずっと25分延のままだ。
集集線の現在の交換站は濁水のみ。
ダイヤは結構、密集しており回復は厳しい。
このままで行くと、3854次も25分延となるから、濁水での10分のバカ停は無くなりそうで追いかけは難しい感じだ。

それならば追いかけるより、今まで行かなかった新しい撮影地を開拓しようと、3853次撮影直後に濁水へ戻り、いつも走る152号線(員集路)から別れて、丘の上を走っていそうな薫門巷を走ってみた。
この道で濁水の街を抜けると茶畑が広がっていた。
南投縣は烏龍茶の産地である。地形的に見れば、丁度静岡県の牧の原台地のようだ。
距離的に、この辺りかなというところで車を停めて、茶畑やパイナップル畑を抜けて台地の端の崖に向かった。
20090810_11_20090802d09_2892

続きを読む "台湾撮影記(第11回 8/2 南投火車好多節)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

台湾撮影記(第10回 8/2 南投火車好多節)

3851次と3852次を車埕手前で撮影後、さてどうするか。
あまり、動き回る気力がない。
緑色隧道付近で良い雰囲気の直線を見つけたので、その近くに車を停めて休む。

やって来た3853次は、いい感じの煙を吐いてきた。

  2009-8-2 CK124他  3853次  濁水~龍泉
20090809_11_20090802d09_2877


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【注意!】台風被害により屏東線は一部不通になっています。(12/13修正)

台風8号(莫拉克颱風:台風モーラコット)により、

台湾南部は甚大な被害が出ています!

屏東線(林邊溪橋)、南廻線(南太麻里溪橋)は橋梁流出などの被害を受けました。

南廻線は9月15日に復旧しましたが
屏東線(南州~枋寮)は、2009年12月30日復旧予定です。

集集線は復旧しましたが並行する省道16号線に被害があります。

このブログを参考に台湾旅行を計画される方は、現地情報を十分に把握した上で計画してください。


最新の復旧予定については台湾鐵路管理局のホームページで確認願います。



|

2009年8月 8日 (土)

台湾撮影記(第9回 8/2 南投火車好多節)

8月2日
早いもので、今日が実質的な最終日。明日は帰国だ。

今日はCK124は二水に駐泊だ。
彰化からの回送撮影が無いので少しゆっくりと員林のホテルを出発した。

二水には30分で到着し、分駐所に待機するCK124を撮影して、源泉~濁水の水田地帯へ向かう。
昨日の3854次を撮影した水田で別アングル撮影だ。

残念ながら水田の水が減って水鏡が期待できない。
湿度も高く近くの山さえも白く霞んでいる。
農作業のトラックが木陰にいるのも気になるといえば気になる。
しかし、ここしか撮る気がせずに三脚を立ててまつ。
すると、予定外の時間に踏切がなりだした。先行の3805次だ。
なんと25分遅れだ。今日は波乱のスタートのようだ。

CK124の3851次は何時来るだろうかと思ったが、なんと定刻よりも5分早くやって来た。
今回は早着が多い!
煙は昨日も含め、今回は総じてサービス気味だ。

 2009-8-2  CK124他  3851次  源泉~濁水
20090808_21_20090802d09_2816

定期列車は先ほどの3805次の遅れから芋づる式に遅れる。
3851次も濁水までは早着したが、この先は交換待ちで30分は待たされる。
従って、今回は落ち着いて追いかけができた。

今日は前日と同じ集集隧道ではあるが、出口側で撮ってみた、絶気ではあるがなかなか良い雰囲気の所だ。

 2009-8-2  CK124他  3851次  龍泉~集集
20090808_22_20090802d09_2852

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾撮影記(第8回 8/1 南投火車好多節)

今日最後の3854次は、二水まで戻る。
お預けを食らった水田撮影ができる。
3853次を車埕まで追いかけた後は、水田地帯へ戻ることにした。
途中、水里から集集までは30年前に通った旧道を経由した。
すると集集の街に入るとこんな火車が走っていた。
長らく法律的な問題で凍結されていた集集小火車の試験営業だ。

  2009-8-1  集集
20090808_11_20090801d09_2778


続きを読む "台湾撮影記(第8回 8/1 南投火車好多節)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

台湾撮影記(第7回 8/1 南投火車好多節)

田植え時の濁水~二水の水田地帯を日中走行が無いのは痛い!

やむを得ず、濁水站へ行くと、側線にCK124他の編成が退避していた。

  2009-8-1  濁水
20090807_21_20090801d09_2748


午後の3853次は濁水~車埕のみだ。今ひとつ写欲が湧かず、集集隧道手前で待ち構えたのが、ホームページの写真だ。

 2009-8-1  CK124他  3853次  龍泉~集集
20090807_22_20090801d09_2766


| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾撮影記(第6回 8/1 南投火車好多節)

これからが南投火車好多節の専列の舞台である集集線だ。

昨年は回数があり、また各站での客扱いに時間が掛かり大幅な遅れのお陰で、かなりの回数の撮影をした。

しかし、今回は昨年の教訓か、停車站が減り追いかけが結構厳しい感じだ。

撮影は的を絞るつもりで挑んだ。
まずは、二水~源泉で撮影した。
一昨年の台灣跑水祭から、懸案の場所だったところ。
田植えの季節にお目当ての田圃はまだ田植えが出来ておらず、昨年は断念。
今年もダメだったが、少し北に田植えがされた似た雰囲気の場所があったので撮影してみた。

  2009-8-1  CK124他 3851次  二水~源泉
20090807_11_20090801d09_2707

続きを読む "台湾撮影記(第6回 8/1 南投火車好多節)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

台湾撮影記(第5回 8/1 南投火車好多節)

8月1日、2日は、いよいよ「南投火車好多節」のCK124撮影だ。

昨年同様にまずは、員林から社頭南へ向かう。

今回は土曜日に彰化から回送されて二水に駐泊し、日曜日の運用後に彰化へ帰る。
従って、土曜日である8/1はまず、彰化からの回送撮影だ。

ダイヤ事前に教えてもらっていたが、ダイヤどおりの退避せずに早着しているとの事前情報もあり早めに社頭南に到着しEMU500やDRC1000を撮りながらロケハンした。
まだ、時間があるのでと場所探しにウロウロすると、ロッドのガシャガシャという聞き慣れた音がしてきた。

まさか!
大慌てで、戻ってカメラを構えたのがこれ。少しイメージよりテレ気味になってしまった。
定刻より35分の早着だった。
手前は、この付近で多く見られるグアバ(芭樂)の果樹園

 2009-8-1  CK124他 3913次  社頭~田中
20090806_21_20090801d09_2668

続きを読む "台湾撮影記(第5回 8/1 南投火車好多節)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾撮影記(第4回 7/31 南廻線に乗る)

太麻里での撮影後、当初の予定では筥光92次に乗って枋寮へ戻って、夕方の普快355次を枋山付近で撮影するつもりだった。
しかし、太麻里での天気が素晴らしく気分よく撮れて満足してしまった上に暑い!

あまり、無理せぬほうが良いだろうと予定を変更して台東へ出て、のんびりと復興で高雄まで出て、早目に員林へ行くことにした。

太麻里で、台東までの自強の切符を買って待つと、なぜか同時発着のはずの筥光92次が来ない。
自強が交換待ちせずに発車した。
台東へ着き、昼食(といっても、付近に店はなく構内で買った池上弁当)をして、復興174次に乗るべく第3月台へ上がる。

すると、珍しい車両の走行が見られた。

30ES2610 日本でいえば宿泊車といったところだろうか。
貨車改造の事業用車とともにR137が入換えをしていた。
  2009-7-31  台東
20090806_11_20090731d09_2654

その後、復興174次に乗る。

今度は冷房が効いた旧型客車の雰囲気が残る客車だ。
心地よい揺れと美しい海の景色を見るうちに何時の間にか寝てしまった。

20090731_11_l1010575


続きを読む "台湾撮影記(第4回 7/31 南廻線に乗る)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

台湾撮影記(第3回 7/31 南廻線を撮る)

太麻里站で普快353次を下車して金崙寄りの国道から南廻線を俯瞰できるポイントへ向かう。
昨年は朝早すぎて逆光で撮影できなかったところだ。

今回、逆光気味ながら緑が映えて良い感じだ。

DR3100自強や、復興、筥光などを撮影して、予約した計程車で太麻里站へ引き返した。

 2009-7-31  自強2054次  太麻里~金崙
20090805_21_20090731d09_2624


 2009-7-31  復興175次  金崙~太麻里
20090805_22_20090731d09_2628


| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾撮影記(第2回 7/31 南廻線へ)

加禄、内獅を過ぎて、南廻線は枋山まで台湾海峡沿いを走る。

 2009-7-31 普快353次  内獅~枋山
20090805_11_20090731d09_2576


枋山を過ぎると海から遠ざかり、いよいよ中央山脈へ。
長い中央隧道を越えて古荘站で、上りの普快352次と交換した。
こちらは2両目に40TPK(インド車)が入った3両編成だった。

  2009-7-31 普快352次と交換 古荘
20090805_12_20090731d09_2593


続きを読む "台湾撮影記(第2回 7/31 南廻線へ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

台湾撮影記(第1回 7/31 南廻線へ)

7/30 名鉄の中空行き特急で出発だ。
昼過ぎの名鉄岐阜駅。中空からやってきた特急は夕刊輸送列車だった。

昔ながらの夕刊輸送が最新の空港特急でも健在。不思議な光景で旅のスタートとなった。

 2009-7-30 名鉄岐阜
20090804_11_20090730l1010467


夏休みなのにガラガラの中空からCXで桃園へ、ここから高鐵で高雄へ向かった。
明日の朝の普快に乗るためには高雄を4:52発の区間車に乗らなければならないからだ。
高鐵左営からKMRTで夜の高雄站に到着し直ぐにホテルへ入った。
 2009-7-30 高雄
20090804_12_20090730l1010470


続きを読む "台湾撮影記(第1回 7/31 南廻線へ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾撮影記(序)

7/30~8/3にかけて台湾へ行ってきた。
目的はもちろん、「2009南投火車好多節」のCK124運転だ。
会社の休みに合わせて折角行くので今回は、今まで乗ることが出来なかった、南廻線の日本製旧型客車の普快車の乗車もメニューに加えた。

日程

 7/30  中空→(CX)桃園→(高鐵)→高雄(泊)
 7/31  高雄→(区間)枋寮→(普快)太麻里(撮影)
       太麻里→(自強)台東→(復興)高雄→(高鐵)台中→員林(泊)
 8/2、3  南投火車好多節
 8/4   員林→(区間)新烏日(高鐵台中)→(高鐵)桃園→(CX)中空

  2009-8-1  3851次 二水にて
20090804_01_20090801d09_2686


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

8月の更新

8月になりました。私は南投火車好多節のCK124を撮影に集集線へ来ております。

6・7月はとうとう、真岡へ行きそびれ、更新のネタがありません(T_T)

今月の更新は「今月のギャラリー」のみとなってしまいました。
今月のテーマは「花火と鉄道」としました。
7月から8月にかけては各地で花火大会が催されます。
私の住む岐阜市でも長良川河畔で催されます。
かつて、名鉄岐阜市内線があった頃は何度か花火と市電を撮影しました。
夏には花火と鉄道の撮影といのが私にとっては夏に定番になってます。

今月は、これまでの花火と組み合わせた岐阜市内線や真岡鐵道の写真を紹介します。

岐阜市内線が廃止された後は、C12が走れば真岡鐵道に出かけることが多くなってますが、今年は出かけませんでした。
さて、今年は、何処かで撮れるだろうか・・・花火



いつものようにホームページからお入りください。


  「ロコのページ」




なお、「毎週更新 テーマ写真館」も、8月8日予定だった更新を1日に行いました。

 2009南投火車好多節のCK124  3851次  集集~水里  2009-8-1
20090801_11_d09_2721


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »