« 台湾撮影記(第1回 7/31 南廻線へ) | トップページ | 台湾撮影記(第3回 7/31 南廻線を撮る) »

2009年8月 5日 (水)

台湾撮影記(第2回 7/31 南廻線へ)

加禄、内獅を過ぎて、南廻線は枋山まで台湾海峡沿いを走る。

 2009-7-31 普快353次  内獅~枋山
20090805_11_20090731d09_2576


枋山を過ぎると海から遠ざかり、いよいよ中央山脈へ。
長い中央隧道を越えて古荘站で、上りの普快352次と交換した。
こちらは2両目に40TPK(インド車)が入った3両編成だった。

  2009-7-31 普快352次と交換 古荘
20090805_12_20090731d09_2593


古荘を過ぎて、再び海が近づく。
今度は、太平洋だ。台湾海峡のドンヨリとした感じと異なり真夏の陽が差している。
列車は快適に南国の海岸沿いを走る。

 2009-7-31  普快353次  瀧溪~金崙
20090805_13_20090731d09_2603


私は、予定では知本まで乗車するつもりだったが、素晴らしい快晴だ。
太麻里で下車して計程車で撮影に向かうことにした。
真夏に冷房なしの普快の旅は、海風のお陰で爽快そのものだった。

 2009-7-31 普快353次  太麻里
20090805_14_20090731d09_2612


|

« 台湾撮影記(第1回 7/31 南廻線へ) | トップページ | 台湾撮影記(第3回 7/31 南廻線を撮る) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94482/45837804

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾撮影記(第2回 7/31 南廻線へ):

« 台湾撮影記(第1回 7/31 南廻線へ) | トップページ | 台湾撮影記(第3回 7/31 南廻線を撮る) »