« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月15日 (日)

紅梅と空コキ

昨日は、弥富の工場へ出かけた。
しかし、予想外の事態(というか予想通りの最悪の事態)になり、早々に引き上げることになった。
お陰で、いつもの水曜なら往路に見かける貨物列車達を帰り道で撮ることができた。

ポカポカ陽気の中、昨年も撮った弥富駅近くの紅梅が咲いていたのでこの木の下で暫く撮影した。
もう無くなったと思っていた単8970レが国鉄色のDE10 1517、
空タキの79レは赤更新のDD51 892、
そして、2082レが国鉄色のDD51 832でやってきたが、なんと殆どが空車のコキ群だった。
今まで、この列車にこんなに空車は見た事がなかった。これも景気の影響なのだろうか。

 2009-2-14 DD51 832 2082レ  弥富~永和
20090215_11_20090214d09_0226

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

明知鉄道と御岳

先週末は今年初めての明知鉄道詣でをしてきた。

御岳が岐阜市内からも望める素晴らしい晴天。
なんとか明知鉄道と御岳を組み合わせてみようと探したのがこのポイントだった。

 2009-2-8 アケチ11 11D  岩村~花白
20090214_11_20090208d09_0213

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

「SLもおか」の更新

1月30日は、定期診察日だった。担当医の都合で金曜日になるから診察日から3連休となる。
本当なら溜まったマイレージを使って台湾へ行きたいところだが、CK124の運転予定もない。
正確には中止になった(;д;)

おまけに天気も下り坂である。前回の診察の日も雨だったから散々である。
1月の真岡重連は肝心な時に雲ってしまったし、まだ今年の撮影に関しては満足できるものがない。
フラストレーションが溜まってきている。
天気予報を見ていると2月1日(日)は、天気が回復して栃木北部の群馬・福島県境付近の天気が良さそうだ。
当地も31日には予想より早く晴れた。
これなら晴天下の日光連山をバックに行くC1266牽引の「SLもおか」が期待できそうだということで、1日に行ってきた。

毎度の通り、「のぞみ」ー「なすの」と、乗り継いで小山で駅レンを借りて撮影した。

果たして前回ロケハンした殆どのポイントで撮ることができた。
何よりも良かったことは、前回は小貝川撮影を優先して諦めたポイントでの撮影が出来たことだ。
前回、諦めたのは、これらのポイントは道路が併走しており線路際撮影で停まったり、併走車に被られることだ。
重連運転という一大イベントで狙うのは愚というものだったからだ。
今回は中館でチラリと車が入ったのを除けば、全く車に惑わされることがなく思いを叶えることができた。

上り列車の頃に日光連山に多少の雪雲が掛かったものの上空に雲はなく天気が曇ることはなかったため、蒸機撮影で珍しく、今回は殆どの場面でPLフィルターを使ってしまった。

 「真岡鐵道のC12」の表紙写真を初春の写真に、「SLもおかNow」には、今回の写真を追加しました。
  「ロコのページ」からお入りください。

  2009-2-1  日光男体山と、C1266 6001レ 下館二高前~折本
    Nikon D300 AE f7.1 C-PL AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm
20090208_31_20090201d09_0139

私のサイトを見たのか、小貝川では、私と同じようなアングルで撮影する方を初めて見た。

小貝川の再撮影。風向きがちょっと・・・
            これのみ、C-PL不使用(トリミング)

 2009-2-1  益子~北山 6002レ
      Nikon D300 AE f7.1 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm
20090208_33_20090201d09_0180


この日は結局、夕方まで見事な天気が続いた。
帰りの東北新幹線からも富士山が綺麗に見えた。

今回の撮影では、新たなアングルも見つけてしまった。
また行く機会を探さねば・・・・と、この時は思ったが、この時、咳き込んでいたのがインフルエンザのせいとは、月曜の朝起きるまで気づかなかった。

20090208_32_20090201d09_0195

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

ヨーロッパ鉄道スナップ2009(1月17日 最終回 再びParis)

17日は帰国だ。
夜の明けきらないマドリードのホテルを出て空港へ。
帰りもパリ経由だが、乗り継ぎに4時間ほどの時間がある。

ラウンジで時間を潰すのもつまらないので、空港内にあるTGV駅であるGare Aéroport Charles-de-Gaulle 2へ行くことにした。

ターミナル2FからTGV駅までは、結構な距離だ。

駅に着き、撮影場所はどこかと通過線上連絡橋で身構えると行きなり、ユーロスターがやって来た!

少し、遅れたが撮影できた。
ユーロスターなら暫く頑張ればもう1本撮れるかと期待したが無理だった。
帰国後調べて初めて知ったが、この線を走るユーロスターは1日1往復のディズニーランド行きと冬季のみ運転のサンモリッツ行きだけだ。
そして、私の撮ったのは、季節列車のサンモリッツ行きだった。

 2009-1-17 Eurostar9092(冬季週末限定限定 BOURG-ST-MAURICE行き)
20090208_21_20090117imgp5797

TGV駅はRER線と異なり改札が無いためプラットホームまで行くことが出来る。
時間帯よく、1時間で3本のTGVがやって来たのでホームや連絡橋の上から撮影した。

 2009-1-17 TGV地中海線 Marseille行き
20090208_22_20090117imgp5804


隣のRER B線も合間に撮影した。
13日に乗ったC線と異なり、B線は通常構造の車両だ。


20090208_23_20090117imgp5807

暫くして、TGVも1時間以上間が空く時間となったので、ターミナルへ戻り帰国の途に着いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパ鉄道スナップ2009(1月16日 その3 Madrid)

ALVIA 00802は、9:50定刻にMadridに到着した。
乗り心地は、同僚の言葉を借りれば「車と同様にヨーロッパ車のサスは硬い」

 2009-1-16 MADRID-PUERTA DE ATOCHA
20090208_11_20090116l1010213

ATOCHAは、2000年にもAVE利用で訪れた駅だ。
塗装が新しくなったAVEなどを撮ってみる。

しばらくすると、セキュリティがやって来きて直ぐに出ていけと促す。
見れば誰もが立ち止まることを許されないようだ。
どうやら、この駅であった爆破テロの影響で厳しくなったと思われる。

 2009-1-16 AVE S-102 Talgo
20090208_12_20090116l1010216

さて、のんびりと撮影はしていられない。
これから、仕事が待っている。業者の手配したレンタカーで工場へ見学へ向かった。

見学を終えてマドリードのホテルへは夕方に着くことが出来た。
あとは帰国だけである。
スペインの夕食は遅い。レストランの開く20時過ぎまでは市内を散策する。
まずは、マドリードのメトロに乗って王宮へ行くことに。

 2009-1-16 Banco de Espana
20090208_13_20090116l1010238


メトロは、2000年は環状運転ができていなかったが今はできているようだ。
車両は更新された随分スマートなものに変わっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月 6日 (金)

ヨーロッパ鉄道スナップ2009(1月16日 その2 RENFE)

日本では見られなくなった車運車の専用列車と同時発車の形でALVIA 00802は6:45 定刻にパンプローナを発車した。

20090207_21_20090116l1010128


ALVIA 00802の停車駅は、TAFALLA、CASTEJON DE EBRO、TUDELA DE NAVARRAその後は、MADRID-PUERTA DE ATOCHAまでノンストップだ。

続きを読む "ヨーロッパ鉄道スナップ2009(1月16日 その2 RENFE)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパ鉄道スナップ2009(1月16日 その1 RENFE)

オペラ座で集合の後、13日午後はシャルル・ドゴール空港へ向かった。
タクシーの車窓からSNCF線を走るゲンコツ機関車が見えた。
フランスを代表する機関車だけに見るだけになったのが残念だ。
パリからスペインのビルバオまでは空路で移動した。
ビルバオにもトラムや地下鉄があるが、今回は仕事である。
取引先の業者が手配したミニバンに乗って、雨の中をパンプローナへ向かった。

14日、15日は仕事で缶詰だったが、予定より早く仕事を終えることができたため16日は空きができた。
そこで取引先の業者からマドリードに納めた製品を見て欲しいと言われたので行くことに。
そして、なんと移動手段は雪の心配があるので「鉄道」となった。
2000年にスペインを訪れた時もマドリードからセビーリャへの移動は現地業者のお勧めでAVEになった。
どちらも航空機業界なのにスペインの業者は鉄道好きか?

こうして、1月16日は、パンプローナ 6:45発の、Renfe 120系 ALVIA 00802でマドリードへ向かうことになった。

 2009-1-16 未明のパンプローナ駅
20090206_11_20090116l1010121


現地で慌てて調べると120系は、Renfeの広軌と、Aveの標準軌を走る軌間可変式の高速電車(日本で言うところのフリーゲージトレイン)だ。

業者が手配してくれたのは、Preferente(1等車)。車内で朝食を食べながらの旅となった。

 2009-1-16  発車待ちのRenfe 120系 ALVIA 00802
20090206_12_20090116imgp5793


 2009-1-16  Preferenteの車内
20090206_13_20090116imgp5789

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

ヨーロッパ鉄道スナップ2009(1月13日 その8 Metro)

さて、M1に乗って、普通に観光をする。
行き先は、エッフェル塔見学の定番地 Trocadero

随分スマートなゴムタイヤ式のM1からCharles de Gaulle-EtoileでM6に乗り換えて行く目論見だった。

 2009-1-13  M1 Charles de Gaulle-Etoile
20090205_11_20090113imgp5781

M6もゴムタイヤ式だが、M1に比べると手動扉のクラシックな感じの車両だ。
乗って、暫くするとなにやら放送している。いやな予感がしたが、フランス語では判らない。
そのまま乗っていると予感的中で、下車予定のTrocaderoは工事中で通過だった!
次のPassyで下りるが、ここはセーヌ川を渡るための高架駅。
撮影にはうってつけだった。

 2009-1-13  M6 Passy
20090205_12_20090113imgp5783

何が功を奏するか判ったものではない。
Passyから歩いてTrocaderoへ向かい、エッフェル塔見学の後は、こちらは営業中のM9のTrocaderoからM1~M8と乗り継いで、集合場所のOpereへ向かい、この日のShort-Tripを終えた。

 2009-1-13 M8 Opere
20090205_13_20090113imgp5788

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

ヨーロッパ鉄道スナップ2009(1月13日 その7 セーヌ渓谷線)

木造の坂道を下りると、「セーヌ渓谷線」という美しい名前が付いたT2の駅がある。雰囲気としては直通運転前の忠節駅か。

元々、SNCF線だっただけに立派な軌道だ。
RER線と並行する線路を「CITADIS」の4連+4連がやって来た。

  2009-1-13 ISSY-VAL DE SEINE-RER
20090204_21_20090113imgp5778

ここも結構な利用があるようだ。
セーヌ川を右手に見たり、エッフェル塔を遠望しながら、M1の接続駅であるLa Defenseの地下駅に到着した。

 車窓から見たエッフェル塔
20090204_23_20090113l1010045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパ鉄道スナップ2009(1月13日 その6 RER)

Boulevard Victorから、2階建電車に乗る。
RERの運営だが車両にはSNCFの文字が残っている。
どの列車も落書きで車体は汚い。
車内は3+2の座席配列だ。

20090204_11_20090113l1010039

乗車区間はT2(セーヌ渓谷線)との接続駅である、Issy-Val de Seineまでの1区間のみ。

あっという間の乗車だった。


 2009-1-13 走り去る、Doubke-Decker  Issy-Val de Seine
20090204_12_20090113imgp5770

 T2線のISSY-VAL DE SEINE-RERへは、案内板の先にある木造の長い坂道を下りることになる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

ヨーロッパ鉄道スナップ2009(1月13日 その5 RER)

Tram T3線の終点、Pont du Gariglianoは、RER C線 Boulevard Victor駅のとの接続駅だ。

また、ここにはT3線のDepotがあることが、事前に見ていたGoogle Mapで判っていた。

T3とRERの接続は非常によく、直ぐに電車がやって来たのでまずはRER線の2階建電車を撮影した。

本当は、セーヌ川沿いの路線なので、もっと景色の良い所で撮りたいところだった。
この写真だと、右側がセーヌ川だ。

 2009-1-13 RER Boulevard Victor
20090203_11_20090113imgp5756

この写真で電車の奥に見えるビルの下がDepotだ。

近寄るとフェンスがあって、殆ど見られない。
ビルとフェンスの間から撮った唯一の写真だ。


20090203_12_20090113imgp5758


RER Boulevard Victor駅は入る。日本と同じ左側通行なのが面白い。
この路線は頻発運転しているし、モニターTVでの案内表示があって判り易い。
丁度、上下線ともに電車が来た。自分の乗る電車をやり過ごして、反対側の2階建て電車を一本撮影してから乗車することにした。


 2009-1-13 RER Boulevard Victor
20090203_13_20090113imgp5765

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

ヨーロッパ鉄道スナップ2009(1月13日 その4 パリの路面電車)

Portene des Peuplierから再び、T3に乗る。
かなりの混雑でもう定員は100%を超えている。
最後尾に乗ると丁度目の上にALSTOM(アルストーム)の銘板があった。
「CITADIS」はアルストームが作るLRTの名称だ。

20090202_21_20090113l1010031

このトラムはヨーロッパらしく芝生の敷き詰めた軌道を走る。
後方に流れる芝生の軌道を見眺める。

20090202_22_20090113imgp5750

暫く行くと、SNCF線と交差した。なんと、TGVとトラムが丁度いい塩梅に通過。
窓越しですが、こんな写真を撮ることができた。

  2009-1-13 Brancion‎
20090123_11_20090113imgp5753

ずっと、混雑した車内はMetro M8との乗り換え駅である Balardで一気に客が降りて、ガラガラとなった。
そのまま、次の終点 Pont du Gariglianoに着いた。

Porte d’Ivryから30分で行けるところであるが、高頻度運転のお陰で途中下車しても35分で着いてしまった。

 Balard到着後の車内
20090202_23_20090113l1010037


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパ鉄道スナップ2009(1月13日 その3 パリの路面電車)

Porte d’Ivryから、いよいよ パリのトラム(T3)に乗る。
一体どんな頻度かと心配だったが、全く心配不用だ。
地下鉄と同じように数分間隔で次々にやってくる。暫く駅近くの芝生を敷きつけた軌道で撮影をした。

 2009-1-13 Porte d’Ivry
20090202_11_20090113imgp5740


こんな、高頻度であるのに、乗客の方は、かなりの数が乗ってくる。
始発のPorte d’Ivryでも、既にこれだけの客が電車を待っている。
路面電車が廃止された街から来た身には実に羨ましい光景だ。

 2009-1-13 Porte d’Ivry
20090202_12_20090113imgp5736


さて、電車に乗ってみる。
ヨーロッパの路面電車は車内改札器で自分で改札するのが目新しい。
始発から、立ち席のある状況で電車はPont du Gariglianoへ向かって発車した。
途中、カーブが良い感じの、Portene des Peuplier‎で私は予定外の下車をしてみた

 2009-1-13 Portene des Peuplier
20090202_13_20090113imgp5748

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

ヨーロッパ鉄道スナップ2009(1月13日 その2)

今回のパリ一周は、パリ市内の特長的鉄道線を乗り比べて見ようというもの。
ただし、治安の悪そうな北部は避けて 次のルートとした。
M7 Pyramides -> Porte d'Ivry
T3 Porte d'Ivry -> PONT DU GARIGLIANO (HOPITAL G.POMPIDOU)
RER C Boulevard Victor -> Issy-Val de Seine
T2 ISSY-VAL DE SEINE-RER -> LA DEFENSE-METRO-RER-GRANDE ARCHE
M1 La Defense (Grande Arche) -> Charles de Gaulle-Etoile
M6 Charles de Gaulle-Etoile -> Passy
M9 Trocadero -> Franklin-Roosevelt
M1 Champs-Elysees-Clemenceau ->Concorde
M8 Concorde ->Opera

MOBILISを買った、Palais Royal-Musee du Louvreから、M7に乗って、今回の一番のお目当てであるパリの路面電車T3の接続駅 Porte d'Ivryへ向かった。

  2009-1-13 Palais Royal-Musee du Louvre
20090201_21_20090113imgp5727

接続駅のPorte d’Ivryまで約20分で到着。
雨上がりの町に7両編成のトラムが待ち構えていた。

  2009-1-13 Porte d’Ivry
20090201_22_20090113imgp5733

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーロッパ鉄道スナップ2009(1月13日 その1)

既報のとおり、1月12日~18日の間、スペインへ出張していました。
今回の出張先は、スペイン北部バスク地方にあるPamplona。

中部空港→Paris→Balbioru(陸路)→Pamplonaというルートでした。

今回は、仕事故、あまり邪魔にならないコンパクトな1眼カメラとして暫く眠らせていた、*istDsとコンデジを持って行きました。
これから、暫くは、このBlogで、仕事の合間(?)に撮った写真を紹介します。

1月12日は中空からパリへ到着し、ルーブル美術館に近いホテルへ入った後、少し市内を散策。
この時にメトロM1に乗りました。鉄レールはあるものの、ゴムタイヤ式となった変わった方式。
コンデジの写真は暗くて完全に流れてしまいました。

あくる13日は、Paris→Bilbaoの便が夕方のため、午前中は自由時間。
この時間を使って、約2時間で回れる、パリ市内の鉄道1周をしました。

使用した切符は、指定ゾーン1日乗り放題となるMOBILIS(モビリス)
外観は、普通のCARNET(カルネ)と何も変わりません。

しかし、最寄のM7 Pyramides駅へ行くと、コインが無い。空港で両替してそのままだから当然だ。
仕方が無いからフランス語は話せないがとりあえず駅員らしき女性職員に英語で聞くと、ここでは出来ないから隣の駅へ行ってくれと英語で答えてくれて、タダ券を渡された。(ひと安心)

隣の駅とは、Palais Royal-Musee du Louvre(ルーブル美術館)。
ここで無事にMOBILISを入手してパリ1周の開始となった。

20090201_11_20090113l1010311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月の更新

早いもので2月になった。

暖冬傾向は予報どおりで、雪が無い。
出張と暖冬のお陰で私の1月の撮影も非常に少なかった。

とは言っても、2月の定期更新は行いました。

 「ロコのページ」

をご笑覧願います。


2月のギャラリーは、「ヨーロッパ鉄道スナップ2000」です。

以前に番外編として公開したことがありますが、先月に久しぶりのヨーロッパ出張がありましたので、8年強前の鉄道スナップを再掲してみました。

そして、今回のヨーロッパ出張の写真は本Blogにて、これから、順次紹介していきます。


 2009-1-13 Paris Metro M7 Porte d’Ivry
20090201_01_20090113imgp5728

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »