« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

CK124 「FORMOSA号」運転

暫く、Blogの更新が停まっていましたが、12月28日に平渓線で運転された「FORMOSA」号の撮影に行っていたためでした。
これまでの平渓線での運転と同様に煤水車無しの小叮噹(DR2050)+DHL100と思っていただけにCK124+煤水車+DRCという編成には全く戦意喪失でした。

写真は、2本運転の1本目の回送。
20071231_001ds3_0039


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

「驛動‧百年鐵支路」活動

先に案内した「2007哈瑪星火車博物館」のCK124であるが、12月15日の運転の模様がCitycat先生から送られてきたので紹介しましょう。

今回の編成は、日本製デッキ付きとインド製、セミクロスシートの藍色客車の混成のようだ。

区間は高雄港~新左営と短く街中であるが、このほかにもE101の展示などイベント盛りだくさんだ。

CK124は、22,23日にも運転予定だ。

2007-12-15 撮影:Citycat先生
20071217_dsc_1427_1


展示車両達
20071217_02dsc_1413_1


なお、運行ダイヤは下記のようだ。

廻(592)次 高雄 0915 新左営0929
(591)次 新左營1000 高雄港1020
(590)次 高雄港1040 新左営1100
(593)次 新左營1130 高雄港1150
(594)次 高雄港1305 新左営1325
(595)次 新左營1345 高雄港1405
(596)次 高雄港1500 新左営1520
(597)次 新左營1525 高雄港1545
(598)次 高雄港1712 新左営1733
廻(599)次 新左營1740 高雄1755

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

コダクローム最終撮影

12月20日でコダクロームの国内現像処理(K-14)が終了する。

そのため、最後の撮影を行った。
最後は、雪景色にしたいと前々から思っていたが、どうやら今年は暖冬か、地元ではなかなか雪が降ってくれない。
そこで、寒波に期待して北上したが、城端線はだめで結局、今日は大糸線まで行ってしまった。
撮影を終え、直ぐに現像へ出したが、中二日で仕上がるはずだったK-14は最後になって1週間掛かるようになった。
出来上がりは25日のようだ。果たしてどんな出来になるやら。
22日以降は海外仕上げで、2週間掛かるようだ。

大糸行きの途中にて。長良川鉄道万場駅
20071216dsc_5867


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

12月の真岡

暫くC11が使われていた真岡鐵道。

12月8日の運転からC12が復帰した。
多分、私にとって今年最後の真岡行きであり、そしてまもなく現像終了となるコダクロームを使った最後の撮影に行ってきた。

退院以来、真岡への移動手段は盆休みを除いて、全て新幹線。
おまけに、ガソリンの高騰で今や新幹線で行くのも、車で行くのも費用的に変わらない。
それなら、4時間で行ける新幹線が格段に楽だ。

そういう訳で今回も、とれん太君で行ってきた。

暫く行っていなかった真岡。
殆ど枯葉状態とはいえ、まだ多少の紅葉が残っていたり、柿の実が残っていたりで晩秋の雰囲気を撮影してきた。

写真は2007年12月9日撮影の6001レ
20071212_1209dsc_5843


帰りはN700系の「のぞみ49」に乗車。以前は500系だった列車だ。
N700系は、表示類の文字が大きいユニバーサルデザインとなっているが、内装の彩度が高く、何か安っぽくて落ち着かない感じだった。

写真はデジタル分を「SLもおか Now」に追加しましたので、「ロコのページ」からお入りください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

あれから1年(2)

12月7日に1年目の診察を受け、今日は検査結果を聞いた。

結果は全く問題なし。制限されていた、長時間の移動も、できるだけ避けた方が良いが、エコノミー症候群と同様な予防処置をとれば良いでしょう。ということで、欧米出張も可能な身となった。
ただ、これから寒くなるので血管が固くなるので注意するようにとも言われている。

ああ、暖かいところへ行きたい。


・・・・・暖かい所↓
20071211_0502dsc_3207


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

12月のCK124

12月15日(すなわち今週末)から、高雄でCK124が運転される。

詳しくは、

   2007哈瑪星火車博物館

を見て欲しいが、
高雄市主催のイベントで12/15,16,22,23の週末4日間に、新左営~高雄港間を毎日4往復するというもの。

CK124は、12月28日には平渓線運転も予定されているから、12月は南へ北へと大移動しての運転だ。
鐵路節での国宝級の車両なので痛まないように運転は限定するというのは、いったいどうなったという?な感じだ。

写真は11月の運転
20071210dsc_5231


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

あれから1年

昨年の12月8日(金)、私は脳梗塞で倒れて入院した。
あれから1年がたった。
脳梗塞といえば、今ならオシム監督のことが気になる人が多いだろう。
監督は病院搬入までに3時間掛かり、回復に時間が掛かっているようだが、
私の搬入は30分以内だっただろうか。
脳細胞の壊死は時間との勝負といわれる脳梗塞。早期に発見できたことが幸いし
まだ暫くは坑血小治療が続くものの殆ど普通に生活出来るようになった。
退院してから仕事への関わり方も含めた生活を改めたことも、好結果だったのだろう。
業務時間は絶対的に減ったけれども、以前よりは内容は濃くなったように思う。
この鉄道趣味は、blogの掲示数にあるように、入院前よりも頻度も中身も濃くなった
ように思う。
これからもON/OFFメリハリつけて健康管理していきたい。

昨年の入院直前の写真
20071208_061203dsc_1961


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

12月の更新

12月になりましたので、ホームページを更新しました。


  ロコのページ


毎月更新の「今月のギャラリー」では「自強号」、「莒光号」に続き、台湾鐵路局の「復興号」を取り上げました。

復興号には、屏東線でしか乗っていませんが、ビニール貼りであることを除いて、アコモは莒光号と変わり無く、自動扉化が進む莒光号とは異なり電車による淘汰が進められていますから次第に貴重な存在となっていくことでしょう。

2007-6-9 清水坡にて 復興115次
20071202_070609dsc_3558

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »