« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月28日 (火)

綠色隧道健康逗陣行のCK124

8月26日に運転された表記列車の写真は当日に私に送られてきました。
邸氏の掲載の許可を得たので一部紹介します。

当日の天気予報は晴れ後、曇り雷雨ありでしたが、実際に午後は大雨だったようです。

ダイヤは6月27日と少々変わって、彰化発が遅くなり、彰化~集集まで、バカ停なしの直行でした。
行っていたら、縦貫線で撮ってから二水で追い抜いて、また撮影なんてことを考えていたので、酷い空振りに会っていたでしょう。


編成は、
 CK124+煤水車+DR2050 × 2+DHL109

DR2両ながら、DHLの補機付きなのは、ATPのための帰りの制約だからでしょう。


20070828_6583


クレジットに8.25とあるのはお愛嬌ですね。EXIFデータを見れば撮影日は8月26日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

JR西日本の振り子気動車

HOT7000は豪快に智頭急行線を走り、因美線へ入った。
高速化されたとはいえ、高山線とは大違い。
これが特急が走る線かと?という感じの中をグンとスピードダウンして到着したのは郡家駅だった。
ここで目的地へ乗り換えのため下車。この駅では、ほぼ同性能のキハ187系 スーパーいなばと交換した。
20070827_001dsc_4495

登場当時の写真では味気ない切妻に黄色警戒色のこの気動車は好きになれなかったが、
最近は警戒色のお面の自強号を沢山見たお陰か、実物はさほど違和感なく見ることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

HOT7000快走

今日は先週の仕事のうさを晴らしに出かけた。
目的は、また後日紹介として、1990年に乗ったJR四国2000系以来、久しぶりに制御振り子式のDC特急に乗った。
車両はHOT7000系 「スーパーはくと1号」。
キハ85のスラントノーズを凌ぐ広大な運転台にまず驚いたが、智頭急行線に入ってからの130Km運転は花東線を行くDRのようで爽快だった。

20070826_001dsc_4490

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

愚痴その2

今週はひどい週だ。

月曜日のことは書いたが、その後、昨年の脳梗塞発生時と同じような仕事上の問題が出てきた。
火種は日頃「大丈夫か? 無理するなよ。」と言ってる上司である。
何が原因で無理したのか、何がストレスか判って居ない。流石に今日は腹が立ってしまい明るいうちに帰宅してしまった。

さて、帰ってみたら、26日に集集線(彰化~二水~集集)でCK124運転の情報が来ていた。

  「綠色隧道健康逗陣行」

区間は短縮だが、編成時刻は6/27と同じらしい。

決定は23日。あまりに急すぎて格安航空券は買えない。

正規料金なら今日のCX531で行って、明日のEG284で帰ってくるということも今なら可能だが。
むかつきついでに行きたい気分ではあるが、流石に高すぎる。

2003年8月集集站にて(今回の編成はこれとは逆向きと思われる)
20070825_n0623_21a


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

8月の真岡(更新)

たった一枚ですが、8月の真岡のC12の写真を追加しました。

  ロコのページ

盛夏の中ですが、既に稲穂が垂れ始めていました。夏雲を追いかける課題は今回も失敗。
来年に持ち越しとなってしまいました。


実り近い田園 2007-08-12 益子~北山
20070824_001dsc_4334


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

愚痴

盆休み明けの正規出勤日初日の今日は酷い日だった。

元々、先週から機械を壊されてその修理対応でバタバタした上に、部下の交通事故報告、訃報と葬儀対応とバタバタしとていたら、ニュースで台北発の中華航空機が那覇空港で炎上。
そして、最後に職場内で急病人が発生して救急車へ添乗と。(1年間に3回も救急車に乗るとは)
流石に参った。

中華航空は2003年と今年の7月の訪台に使っているので、ウーンと悩んでしまう。

写真は、2003年に名古屋空港から乗った、CIのA300。(CI、名古屋空港、エアバスといやな気分で乗った)
20070820_p8021663


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

日下部邸

岐阜市の重要文化財であった日下部邸の名前は地元に居ながら知らなかった。

日下部邸といえば、飛騨高山のほうしか知らなかった。
今年になって、市の重要文化財指定を家主の申請により解除し、解体のうえ名古屋八事へ買い取られていくということで地元マスコミ等が賑わしい。
残念ながら、私の入っていた日本ナショナルトラストの町並み保存でもその名は聞いたことがなかった。
ところが初めて知った屋敷の名であったが、新聞を頼りに行ってみれば、昔から通い慣れて好きな美園町の北の町並みだった。
ここならば、自分としては我が家の近くの本郷町の欅並木と二分する岐阜市の景観と思うのだが。

もう、時既に遅しということか。

2007-8-15撮影
20070817_101p1020267

| | コメント (0) | トラックバック (1)

富山平野

大糸線の撮影後、帰路へ。

途中には、城端線と高山線がある。今はお盆休み。製紙工場は操業しているか疑問があったが、とりあえず二塚へ寄ってみた。
案の定、工場の煙突から煙が見えないし専用線からの出荷もなしということで、R41へ向かった。

途中の東八尾付近は神岡線貨物があった頃は良く来た所。
今日は、夏空の下で稲穂が風に波打っている。ようやく入道雲も出てきたようだ。
長編成が似合いそうな一直線の築堤をやって来たキハ120単行を写して帰路に着いた。


2007-8-14 東八尾~笹津
20070817_001dsc_4441


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

ツユクサ

米坂線での撮影を終えて、普通ならこれで自宅へ直行だが、今回は大事をとって、もう一泊休憩を取っての移動とし糸魚川で一泊して朝の大糸線を撮影して引き上げることにした。

14日の大糸線は、新旧国鉄色の2連が運用中だ。
今回は山間部に入らずに、頸城大野周辺での撮影で済ませた。
田圃は黄金色に色づいていると思っていたが日照不足の影響か真岡と変わらないような風景だった。
まずは、朱色のキハ52-156単行を撮影。あぜ道にツユクサが咲いていたので組み合わせてみた。

キハ52-156 421D 頸城大野~姫川
20070816_101dsc_4424


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酷暑

今日の暑さは尋常でない。

そう、思っていたら、多治見市で日本最高気温を更新する40.9℃だと。
岐阜市は39℃を少々超えた程度だが、気象台は川辺にあって、体感より2~3℃は低いから実際は多治見と同じだろう。

今日はようやく入道雲も現れたが雷雨までは来なかった。


いつもの高山線にて
20070816_201dsc_4456


| | コメント (0) | トラックバック (0)

米坂線のキハ52

13日に訪れた米坂線。
ここには国鉄色のキハ28+58やキハ52が一般運用で活躍している。
これらが撮影の目玉であるのは当然だが、私にとってのもう一つの狙いは、
1985年11月に廃止された明知線で使用されたキハ52(120~123、136,137)
6両のうちの中込へ転属した5両(120~123、137)全車が新津へ転属して活躍している姿が撮れることだ。
その内の白眉な存在が国鉄色のキハ52-122だ。
キハ52 122自体は、5年前に新潟色時代に撮っているのだが、果たして今回は。

写真は、キハ52 137+キハ40の1128D 今泉~犬川
20070816_001dsc_4365


続きを読む "米坂線のキハ52"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

烏山線へ寄り道

真岡へ行ったあと、米坂線へのルートは渋滞を避けて、西那須野塩原ICまでひたすら県道を走った。
途中で烏山線を下野花岡付近で横切るのでちょっと寄り道してみた。
ここにはキリンビールの工場があり、隣の仁井田駅から専用線が伸びていたことが軌道跡から伺えた。

ローカル線とキリンビール専用線といえば、甘木線を撮りに行ったことがあるが、あれも盆休み。
随分暑い中を撮ったことをふと思い出した。

そんなビール工場の鬱蒼とした境界林をバックに田圃をうろつくと、気になる祠や石碑があったので、丁度やってきた345Dを撮った。これまで殆ど撮ったことの無い路線。単行とばかり思い込んで構えていたら、キハ40の2連が来て、中途半端な撮影となった。

2007-08-12 烏山線 345D 下野花岡~仁井田
20070815_002dsc_4352

この石碑 「軍馬神」とある。検索しても出ていないが、どのようなゆかりがあるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏の紫陽花

12日は期待した夏空にはことごとく裏切られてしまい、なんとも消化不良な感じで6103レまできてしまった。

いつもなら、6103レは撮らずに引き上げるが、今日は折角なので一応、真岡までもう一度沿線を走ってみた。
すると、寺内をすぎたカーブでちらりと紫色の花が視野に入った。
この猛暑の中で紫陽花がまだ咲き残っていたのだった。
今年は真岡で紫陽花は撮っていなかったので、ちょっと徳した気分でこの写真を撮って、今日の真岡の撮影は終了とした。

2007-08-12  6103レ  ・・・・+C1266 寺内~真岡
20070815_001dsc_4344


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

夏を求めて

世の中、お盆休み。会社もこの一週間は一応休みだ。

私としては、夏空の下を行く、真岡のC12がここ数年撮れないので、今年も再挑戦したいが、いつものように徹夜日帰りは無理。
ハイシーズンではレール&レンタカーも割引なし。
ということで、往復移動の都度、泊まりを追加して1年ぶりに自力で真岡へ向かうことにした。
ただ、行くだけでは勿体無いので、同様に行けなくなってしまった米坂、大糸線へも立ち寄るために一泊追加としてみた。
結局、夏空狙いのはずが、仕事の電話をしながらの苦し紛れの全線花狙いとなってしまった。

さて、前日移動して12日に真岡入り。真夏の晴れのはずが、空は白い。幸先が悪い。
次第に日は差してきたので、ロケハン。空は期待できないので、この「花虎ノ尾 ?」狙いとなった。
このモオカ14では晴れてくれたが、肝心の6001レはどん曇となってしまった。

2007-08-12 折本~下館二高前
20070814_001dsc_4304


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

暑!

台風が過ぎ去り、暑い日が続いてる。
台風のお陰で湿った空気も残っていて台湾よりも辛い。

こんな時は入道雲を撮ろうと思ったのだが、湿度が多すぎる。空が全体に白んでいる。
おまけに、入道雲はいい塩梅の姿のときに列車は来ない。結局こんな程度しか撮れずじまいだった。

 キハ11×2  3724C 那加~長森
20070805dsc_4273


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

8月の更新

遅くなりましたが、8月になりましたのでHPの更新をしました。

  ロコのページ

今回は、7月28日に行われた恒例の真岡の夜行列車運転の模様を「SLもおかNOW」に追加しました。
台湾から帰国し直行して撮影した中から夜行分だけをUPしました。
山百合とC1266 2007-7-28 市塙付近
20070804_201dsc_4080


また、今月のギャラリィは地元の長良川鉄道です。
近年増備されているLE-DCナガラ3形は、派手な塗装が多い第3セクター鉄道にあって、非常に落ち着いた塗装で私の好みとなりつつあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

集集線から真岡へ 7月27日(4)

3278次の最後尾から、傾いた高圧鉄塔などの921地震の名残を見ながら濁水を過ぎる。
78年に龍頭山を撮ったのは、3276次の辺りと思っていたが、どうやら更に先の八堡圳取入水門公園の辺りのようだ。
結局、以前の撮影地はことごとく変貌してしまったことになる。

3278次は台中行きなのでこのまま乗って、新烏日から高鐵に乗るのが便利であるが、接続時間が殆ど無いうえ、最近は列車遅延で痛い目に何度も合っているために、敬遠して二水で降りた。
直ぐにEMU1200の自強1011次が撮れることもあってだ。
直ぐに、站前へ出て線路際で構えるが、何を思ったか直前に余所見をして気づいた時は手遅れ。
やり過ごした写真しか撮れなかった。(お粗末!)
20070804_001dsc_4026

後味悪く、高鐵台中へ向かうことになった。

続きを読む "集集線から真岡へ 7月27日(4) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

集集線に乗る 7月27日(3)

撮影を終えて、いよいよ31年振りの集集線乗車だ。
前回は藍色気動車であったが、今回はDRCだ。
先ほどの3276次は台中へ直行し、代わってDRC1013他3連が、台中から3277次としてやってきた。
20070803_101dsc_4010


続きを読む "集集線に乗る 7月27日(3) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集集線 台湾の非電化線を撮る 7月27日(2)

3275次を撮影後、今度は源泉~濁水間へ向かった。
ここは集集線での撮影名所の一つで、八堡圳取入水門公園の入口でバックには龍頭山(通称 龍仔頭山)が見える。

途中の田圃は二期作の二期めの田植えが始まったところで、早苗が植えられた綺麗な水田と龍仔頭山の組み合わせを期待しながら向かった。
20070803_000p1020175

続きを読む "集集線 台湾の非電化線を撮る 7月27日(2) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

集集線 台湾の非電化線を撮る 7月27日(1)

2日は、夕方には早くも帰国である。従って、あまり遠出ができないので、集集線での撮影にした。
集集線は1978年に私が始めて訪台して現役のCK120を撮影した路線だ。
2003年に復活したCK124を初めて撮影した路線でもあるが、このときは車での移動だったので火車での移動は久しぶりだ。今回は初めて来た時の場所への再訪というつもりで撮影をした。
台中に泊まり、朝、台中站で1日週遊券を買ったついでに二水までの区間電車の切符を求めたが、莒光81次の切符を出してきた。商売気があるのか外人だからとみたのか。
この莒光号、17日に大幅遅延して南廻線でCK124を撮り損ねた曰く付きの列車だった。
この日は、ほぼ定刻の7:36に二水に到着。ここから7:55発の3275次に乗れば良いところだが、計程車で源泉へ先回りして撮影することにした。
ここ、源泉はCK124を田園で撮影したところであったが、長閑な風景に変わりはないもののすっかり植生が変わってしまっていた。また、線路に沿って自転車道ができていて当時を思い出せる状態ではなかった。
結局、懐かしいポイントでの撮影は諦めて、季節外れのコスモスが咲く站近くで3275次を撮影した。
20070802dsc_4001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

和平-大里-台北-台中 7月26日(5)

崇徳站から区間電車で和平へ向かう。
ここで、先ほど撮り損ねたR151が、この区間電車を退避していたが編成は崇徳で見たトラトキを組み込んだ長編成に変わっていた。
20070801_101dsc_3987


続きを読む "和平-大里-台北-台中 7月26日(5) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

崇徳で撮る 台湾の非電化線を撮る 7月26日(4)

瑞芳から10分遅れの莒光42次に乗る。遅れはじわじわ進み最大25分となったが、乗り換えの新城站では15分まで回復した。
途中、崇徳付近でR150重連の貨列とすれ違い、残念。

前回は各站でDLが待機してたのに今回は全く見られない。いやな予感を感じながら新城から区間電車で崇徳へ向かった。
鐵道情報誌で見た、清水断崖バックの写真を撮ろうとこの站を選び、撮影ポイントらしき場所を目指して歩く。
この時間だと、北行のタロコ号(TEMU1000)と南行のR重連貨列が撮れるはずだ。
幸い、木陰が多くて歩きやすいがそれらしいポイントは見つからず、なんと崇徳隧道まで来てしまった。
ここは上下線が上下二段になっていて、北行の上り線しか撮れない。
しかし、他に行くこともできない。悩んでいたら、TEMU1000の自強1066次がやって来た。
流石に早い。ブランケット撮影したが2コマめは画面ギリギリだった。
20070801_001dsc_3948

このあと、R重連がくるはずだが、下段の線路で撮れない。
皮肉にも、こういうときにしっかり時間通りに重連がやって来て、ただ見るだけであった。

続きを読む "崇徳で撮る 台湾の非電化線を撮る 7月26日(4) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »