« 『CK124蒸汽機車環島之旅2』(6月18日その5)花蓮後站120週年慶祝大會 | トップページ | 姿を見せた名鉄岐阜駅 »

2007年6月28日 (木)

『CK124蒸汽機車環島之旅』(最終回)

鐵路節に2回の訪台。
手元に残った切符はこのとおりだった。

20070628p1020124

結局、5月の連休に続いて、私もCK124と同じように環島之旅をしてしまった。

そして、5月にも感じたように今は見ることが出来ない、良き国鉄時代の風情を台湾の鐵路に感じてしまった。
台中港線と南廻線では運良く貨列も撮れたが、高雄港線、林口線、そしてS400やDHL100が活躍し廃線の噂ある深澳線など行ってみたいところが、まだまだある。
CK124に誘われて、次は、いったい何時行くことになるのだろうか。

台中港站の信号テコ
20070628dsc_3566

|

« 『CK124蒸汽機車環島之旅2』(6月18日その5)花蓮後站120週年慶祝大會 | トップページ | 姿を見せた名鉄岐阜駅 »

コメント

ぱれおさん、いつもブログの写真を見させて頂いてます。
台湾は鐵道が魅力的な上に、皆さん良い人達です。
熱狂的鐵道熱ですが、一方ではお立ち台での乱入騒ぎは無いのには驚きました。

投稿: 十二/酒井 | 2007年7月 7日 (土) 11時40分

台湾シリーズ楽しく読ませていただきました。
海外の鉄道は中国で出張の時にちょっと乗っただけなので新鮮でした。
台湾も鉄道熱が高いようですね。

投稿: ぱれお | 2007年7月 7日 (土) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94482/15588022

この記事へのトラックバック一覧です: 『CK124蒸汽機車環島之旅』(最終回):

« 『CK124蒸汽機車環島之旅2』(6月18日その5)花蓮後站120週年慶祝大會 | トップページ | 姿を見せた名鉄岐阜駅 »