« 『CK124蒸汽機車環島之旅2』(6月17日その3)台東→花蓮 | トップページ | 『CK124蒸汽機車環島之旅2』(6月18日その2)花蓮站にて »

2007年6月24日 (日)

『CK124蒸汽機車環島之旅2』(6月18日その1)朝錬で旧客撮影

6月18日は端午節。今回の「環島の旅」の目玉の一つである、CK124の花蓮港線初入線だ。

いつものように、4:00過ぎに目が覚めてしまった。今日は早く起きたら、予定がある。
宣蘭線の朝の普快と花東線の普快撮影だ。
今日は、11:00頃にホテルを出れば良いので、荷物を置いていける。
カメラと三脚だけを持って、花蓮站前の計程車乗り場へ行き、予め用意しておいた地図とコース説明を見せて交渉。
まずは、新生橋へ向かった。花蓮站で気になったのだが、今日は臨時のタロコ号(TEMU1000)があるようだ。
橋上に着くと、丁度タロコがやって来たのでD200で撮影。そのあとの普快534次はD200とF100で撮影した。
20070624_001dsc_3725


撮影をすると、近くにいた若い鐵路迷が近づいてきた。今日はCK124が運転するが知っているかと英語で聞いてきたので、「もちろん知っている」と行って、次の目的地である花東線の木瓜渓橋へ向かった。
あとで知ったが、この鐵路迷のBlog(火星人鐵道世界 )に私のことを書いていた。
計程車は快調に花蓮市内を通り過ぎて木瓜渓へ向かったが、どうも上流へ向かっている。結局ひとつ上流の道路橋へ連れて行かれた。花東鐵路であることを再度説明して、目的地に到着した。
ここで、朝の光復始発の通学列車 普快552次を撮影する。
木瓜渓は川中島があり、ここに色づいた水田が広がっている。この区間でインド客車4連を撮影した。
20070624_002_r0516_16

撮影を終えて、計程車でホテルに戻ったのは7:00前。丁度、早餐の時間となった。


|

« 『CK124蒸汽機車環島之旅2』(6月17日その3)台東→花蓮 | トップページ | 『CK124蒸汽機車環島之旅2』(6月18日その2)花蓮站にて »

コメント

http://campaign.tw-npo.org/sign.php?id=2009122006381700 來連署搶救花東線窄軌老火車

http://blog.yam.com/hct1977/article/25928412 花東線窄軌老火車 保存現況

投稿: 火星人 | 2009年12月21日 (月) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94482/15535930

この記事へのトラックバック一覧です: 『CK124蒸汽機車環島之旅2』(6月18日その1)朝錬で旧客撮影:

« 『CK124蒸汽機車環島之旅2』(6月17日その3)台東→花蓮 | トップページ | 『CK124蒸汽機車環島之旅2』(6月18日その2)花蓮站にて »