« 『CK124蒸汽機車環島之旅』(6月9日その2)基隆発車式 | トップページ | 『CK124蒸汽機車環島之旅』(6月9日その4)清水坡~彰化 »

2007年6月20日 (水)

『CK124蒸汽機車環島之旅』(6月9日その3)基隆→松山

CK124の基隆站入線を撮った私は、隣の第2月台からの区間2521で三坑へ移動した。
ここから約1公里先の下見した八堵隧道近くのカーブへ行く。
昨年もそうだが台湾の鐵道迷は日本のような数日・数時間前からの場所取りはない。
私がいつも一番乗りだ。道路沿いのコンクリートブロックの上で待ち構えることにした。

昨日からの大雨は今朝は落ち着いていたのだが、CK124の時間が近づいてきたら降り出してきた。
これまた昨年と同じでヤレヤレだ。
暫く経ち、20分ほど前から人が集まりだした。
街中だけに家族連れも多いし野次馬が一杯、「何が来る?」「いつ来る?」と聞いて来るようだが、残念ながら私には言葉が判らなかった。
ここにやって来た人たちは皆マナーよく撮影だ。前方の線路際に一集団いるのが気になるが、まあ仕方が無い。
先行する2本の復興を撮ってからと思っていたが、2本目の復興103次が来ない。
何度も時計を見ていたら、CK124先頭の221次が先にやって来た。
20070620_001dsc_3543

しんがりを務めたR68
20070620_003dsc_3549


CK124撮影後、三坑站へ戻る。
これから、CK124が停車中の松山へ向かい、そこからは、CK124の直前に発車する莒光35次で、明日の撮影地点の清水坡へ下見へ行く予定だ。
このあとのダイヤは大いに乱れていた。三坑站へ着き松山までの区間電車の切符を買おうと自販機へお金を入れたが詰まった。站員を呼んで、言葉が通じないのに何とか返金してもらう。
やっと、切符を買って月台に入ると、区間電車ではなくDRC1000が入ってきた。站員がこれは違うと合図するので乗らずに待つ。どうやら、このDRCは平渓線のようだった。暫くして、数分遅れて区間2203次がやって来た。
しかし、南港からは何度も立ち往生だ。そう、CK124の松山展示での大混雑の影響だった。
松山站には15分ほど遅れて到着。そこにはCK124と線路上にまで溢れた人混みがあった。
恐るべし台湾の鐵道熱だ。適当に写真を撮って、松山を遅れて発車の海莒光35次の人となった。
20070620_002dsc_3551

|

« 『CK124蒸汽機車環島之旅』(6月9日その2)基隆発車式 | トップページ | 『CK124蒸汽機車環島之旅』(6月9日その4)清水坡~彰化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94482/15496572

この記事へのトラックバック一覧です: 『CK124蒸汽機車環島之旅』(6月9日その3)基隆→松山:

« 『CK124蒸汽機車環島之旅』(6月9日その2)基隆発車式 | トップページ | 『CK124蒸汽機車環島之旅』(6月9日その4)清水坡~彰化 »