« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

蒸汽火車世紀之旅活動

今週末のCK124による「蒸汽火車世紀之旅活動」は満員御礼で締め切りとなったようだ。

詳細は、運転時刻も含めて半線鐵道文化工作室にある。

運転区間は彰化~二水という平野部の電化幹線で目ぼしい撮影場所が無い。
しかし、途中で長時間停車しての沿線観光があり、乗客には楽しい旅であろう。

写真は、彰化機務段のCK124とCK101  2003年8月4日撮影
20070131p8041804

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

鹿島鉄道

存続活動の成果なく、鹿島鉄道の廃止が近づいている。
その顛末はTV番組「ガイアの夜明け」でも紹介されている。

非電化ローカル鉄道の廃止が続いているが、今まで葬式鉄は殆どしたことがない。
それにも関わらず、この鉄道だけは間際になって訪れてしまった。
他の非電化鉄道に無い魅力。いや、この鉄道にだけ残された最後の姿が消えようとしている。
それは、戦前の気動車で多用された 菱枠台車だ。

写真は、1984年04月30日撮影のキハ432
20070128_n0235_21a


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新岐阜駅前軌道撤去完了

水、木と夜間に渡り線が撤去されたあとも残りの軌道の撤去が進み、今朝の新岐阜駅前は軌道が綺麗に撤去されていた。
これで長良本線の走る、神田町通りの軌道は全て撤去が完了した。
20070128dsc_2160

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

新岐阜駅前軌道撤去

「新岐阜駅前」
名鉄が「名鉄岐阜」と改称後も市内線は「新岐阜」だったので、あえてこう書きます。

JR岐阜駅前側から進んでいた軌道撤去が進み、昨晩は、とうとう、片渡り線の上り側が撤去されました。
多分、今晩は下り側が撤去されるでしょう。

写真は今朝の渡り線付近の携帯画像
20070125n0025


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

CK124に乗れる?

台湾鐵道網にこんな記事が載っていました。


  「陽光彰化─蒸汽火車世紀之旅」活動


彰化縣文化局主催で2月3、4日に、彰化の扇形機関庫見学、蒸気火車の乗車を含むイベントが開催される。

代金700元(保険、食事、資料含む)で申込み締め切りは1/30とある。


これで、集集線での運転でもあれば行ってみたいと思うのだが・・・・・・。

写真は彰化の扇形機関庫  2003年8月4日撮影

20070120hp8041806


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウナギの寝床

昨日、久しぶりに出社する際に気づいたのだが、各務原線の各駅の様子が様変わりしていた。

名鉄岐阜~新那加については、入院前から工事をしていたので知っていたが、出社してみると市民公園前、各務原市役所前、三柿野の各駅も工事の真っ最中であった。


私が利用する三柿野駅は、木造の味ある駅舎が残ってたが、あっさり解体されてプレハブの仮駅舎になっていたし、時代物の輸入古レールを使ったホーム上屋も一部が解体されてしまった。
そして、各務原市役所前駅も駅前広場の造成中だ。こちらは都市計画との関係で隣の市民公園前駅との併合の噂ある。

各務原市役所前駅は、道路と線路の隙間にウナギの寝床のように、改札、出札、事務所、倉庫、お世辞にも綺麗と言えない便所が並び、構内踏切による線路横断がある昔の瀬戸線大曽根駅とよく似た造りだ。
そういえば、どちらも旧600V線からの昇圧線だ。600V線時代の昔懐かしい雰囲気の駅が消えていくのは寂しいものがある。

前面側から見た各務原市役所前駅
20070120dsc_2153

線路側から見た各務原市役所前駅
20070120dsc_2146


名鉄の事業計画では、今年度中に名鉄岐阜~新鵜沼の自動改札化が予定されているから、おそらく三柿野以東も同じような状況であろう。

市民公園前(旧 岐阜大学前)などのローカル色豊かな駅も、もう見られなくなるのだろう。
 写真は、春祭りの在りし日の旧 岐阜大学前駅
20070120_n0196_20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

職場復帰

今日から職場復帰した。

週末なので一日出れば一旦お休みである。

今日は、この1か月のブランクの間の状況把握や挨拶で終わった。

会社組織のいい所で、一人倒れてもちゃんと仕事は引き継いでなんとか出来ている部分が多い。
しかし、自分としては多分、これが今回の病原だろうと思われる仕事については相変わらずであった。
殆ど何も進んでなくて、状況把握の必要がなくて楽というか呆れるやら。
まあ、これからは再発せぬように仕事の仕方を変えるしかない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

名残のパノラマカー

今日は、出社に向けた診療所の診断を受けたり申請書の提出のために会社へ顔を出した。
昨日、病院に帰りに寄った時は何処で嗅ぎ付けたのか早速電話が掛かってくる事態となったので、今日は報告だけしてさっさと引き上げた。

帰り道で、丁度、各務原線を7000系が岐阜へ走っていった。時間から見て、名鉄岐阜12:35発の中部空港行きとなるスジだ。おまけに電幕ではなく旧式の逆富士形の方向板なので、高山線との交差付近で、迎えうってみた。
この7000系は5500系からの名鉄伝統の大衆冷房特急、いわゆるパノラマカーだ。個人的には、7000系よりも低重心の7500系の方が完成された美しさが好きだったが既に全廃されてしまっている。
今もつづくミュージックホーンと名鉄スカーレットの伝統を生み出した名車だ。

名鉄の軸足は登場当時の名岐豊特急から今や空港線へと移っている。
古き良き時代の名鉄特急も、まさか、新時代になって空港線へ乗り入れるとは思っても見なかっただろう。
しかし、このような光景も一体あと何か月見られるのだろうか。
 2007-1-17 田神~細畑
20070117dsc_2139


| | コメント (0) | トラックバック (0)

退院4週間

明日で、退院4週間となる。
昨日(1/16)は、外来診断日のため、久しぶりに病院へ行った。
頭痛などは緊張からくるもので問題ないということで出社OKとなった。
まだ暫くは抗血小治療が続くことと、元ともの体には問題ないので、仕事の仕方に注意することが条件となった。

そして、今日は会社の規定に基づく、復帰前の診断だった。
診療所の指示により、復帰はOKだが、当分は残業禁止、業務上の自動車運転禁止となった。
これで、晴れて出社OKとなったので19日(金)から出社することとなった。

職場の方も色々気を使ってくれているようであるが、さて復帰後はどんなことが待ち受けているか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

暖冬とはいえ

今年は暖冬と言われる。各地のスキー場などは青息吐息のようだ。

明知鉄道の沿線にある恵那市山岡(旧恵那郡山岡町)は、寒天の生産地として有名である。
厳しい夜の寒さを利用した天然の凍結乾燥が冬の風物詩だ。
残念ながら最近は海外産に押された上に、工場化されて通年生産されるようになったので、このような景色も少なくなった。
以前は、鉄道沿線でも見られたのだが今はもう遠く離れた場所でしか行われていない。
20070114dsc_2127

それでも、もしかしたらという甘い期待を持って撮りに行ったのだが、やはりなかった。
その代わりに1週間前に降った雪が未だに残っており、雪景色を撮ることができた。
暖冬とはいえ、寒冷地。一度降った雪はなかなか融けてくれないようだ。

アケチ14 12D  花白~岩村
20070114dsc_2106

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

更新のお知らせ

1月8日の真岡詣でのポジの現像が上がりました。

早速、スキャンしたものも混じえて、WEBを更新しました。
ご笑覧願います。

  ロコのページ


写真は、とっぷり陽の傾いた八木岡を行く、6002レ。
この日は、筑波山は綺麗に見えましたが、日光/那須は雪雲に覆われていました。

ちなみにC12の上空に見える黒い点はゴミではなく、鳥です。
C12を追いかけるように飛んでおりました。

20070113_r0508_23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

退院3週間経過

退院して3週間となった。
元日以来、血圧は低め安定が続いている。
ただ、1/8に日帰り撮影のあと、若干高め(とはいっても入院前よりも低い)数字が出たが、それも今は元に戻っている。

外出して目眩が出るのは、どうやら意匠に凝った建物のようである。
無味乾燥な建物や平凡なところなら新たな場所でも全く問題が無い。

1/16(火)の診断結果に問題なければ、いよいよ来週末には仕事に復帰する予定だ。
いろいろな刺激に対してだいたい一日で慣れる様になってきたが
今後は仕事という強烈な刺激への復帰に対しては果たしてはどうだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

軌道撤去再開

年末年始で、中断していた、名鉄岐阜市内線の撤去工事が再開されている。
近所の忠節支線では、本郷町電停と西野町電停付近の軌道切断が日中に行われていた。
20070110dsc_2043


写真は、午後の西野町の様子であるが、午前に本郷町も同じような作業がされていた。







20070110dsc_2045


そして、忠節駅では、いよいよ駅舎の解体、立体駐車場の解体、構内の軌道撤去が行われていた。






写真では手前に「にっこりバス」のバス停が見えるが、これは岐阜市内で昨年10月から試行されているコミュニティバスの一つ。岐阜市民なのに全然知らなかった。(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

真岡初撮り

徒歩外出等を繰り返し、なんとか巷へ出て行けるようになった。

そこで、昨日は待望の真岡詣でをしてみた。
とはいっても、いつものように車で中仙道を徹夜走りして、朝からロケハンして回送から追っかけまわすなどということは出来ない。

今は、便利なものだ。
懐を気にしなければ東海道・東北新幹線をフルに活用すれば、自宅を朝6時過ぎに出れば回送は無理でも、6001レと6002レは、楽々で撮影が可能だ。
レンタカーを使えば更に◎。
使わなくても東野バスに乗れば間に合う。
そこで、贅沢三昧に指定席で着実に座れるようにして行ってみた。

結果・・・・
F100に28~75mm、D200に18~200mmの軽装備で撮影した結果がこれ。
 ・・・・久しぶりの撮影は、客車のお尻が切れて、ああ恥ずかしいでした。

20070108dsc_2025


それよりも、体を久しぶりに動かしたので、アチコチが痛い。

こういうのは、趣味なのでストレスが無い。
体力的な面だけで済むので問題なくできるようであるが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

雪と虹

今日は朝から雪となった。
年末に初雪と多少の積雪はあったが本格的な積雪は今冬初だ。
いつもの冬なら喜んで北陸辺りへでも行くところだが大人しくしている。
近くの高山線と各務原線へ行くが、なんと今いる境川の源流から綺麗な虹が現れた。
20070107dsc_2023


丁度定刻だったので列車さえ来ればと期待したが、雪と強風で乱れている。
列車が来るときは、こんなものだった。
20070107dsc_2021

このあと、少々粘ったものの、お日様も隠れて、虹は期待できなくなってしまった。
なかなか天は味方してくれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

初撮影

別掲のとおり、ようやく車に乗れるようになりました。
まだまだ、長距離は無理ですが、まずは今年の初撮影をしました。

今年で最後になるコダクロームに敬意を表して、F100をメインカメラとして、私の撮影の原点である明知鉄道(旧 国鉄明知線)へ行ってきました。

20070103dsc_1990
ここは、阿木→飯羽間にある築堤。
バックの山は恵那山です。
C12が現役として活躍していた当時は撮影名所だったところです。

2007-01-03
 アケチ14 13D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月3が日

今日で正月三が日が終わる。

回復状況が暫く途絶えていたので年末年始の状況を書き留めます。

年末
 適当に済ますつもりの大掃除が泥沼にはまってしまい、随分ゴミを出してしまった。
 張り切りすぎた、年末は血圧は上がり気味で130/90台で、いやな感じだったが
 体調は頭痛もなく悪くなかった。


2007年1月1日
  元日からは朝から血圧が低い。110/70未満である。上は100を切りそうだ。
  そのためか頭痛もして家に閉じこもってしまった。


1月2日
  血圧は同じ状態。一日中あまり変動もない。
  頭痛はしなくなったので2日は年賀はがきの追加購入を兼ねて市内を歩いてみた。

  これまでに名鉄岐阜駅までは、苦もなく行けるようになった。
  こんどは他へ行ってみようとJR岐阜駅構内のアクティブGから岐阜貨物駅跡に
  出来たオーキッドパークを歩いてみることにした。
  しかし、JRの構内からアクティブGへ入ったとたんに目眩がした。
  どうやらJRのシンプルな床から、妙に凝ったアクティブGの床模様で
  錯乱したようだ。
  通り抜けるまで、気分が悪いままだった。

  オーキッドパークでは別に何も目眩は無かった。
  やれやれ、まだまだ、目眩は解消されそうにないことだけは判った。

1月3日
  今日も血圧は低いまま。しかし、体調はよさそう。
  実は、11月のTIA以後、車の運転は控えていた。
  年末に町内を1周だけしたが、そのときの感じでは特に問題なさそう。
  医者からもOKでているし、今日は本格的に車の運転をしてみる。
  運転してみると、丁度タイヤも新品のスタッドレスに変えたところなので、
  ハンドル感が違い戸惑う。
  今のスタッドレスはすごい。全然静かである。
  何か、若葉マーク時代の戻ったような感じ。
  それを除けば、心配だった車窓を流れる景色で錯乱することもなく運転できた。
  運転でこれまでと違う脳神経が刺激されたのだろう、テレビを見始めたときと
  同じように頭痛がしてきた。
  もっとも、テレビの時よりは軽く、帰宅したら直ぐに治まってしまった。

  これで、多少の買い物もできるようになる。
  なんと言っても我が家で車を運転できるのは私だけ。これまで買い物には
  大変な支障があったので助かりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

脳梗塞の記録

年が改まって忘れたいところですが、
実は、入院前から体調について記録を取っていました。

私の場合、いわゆる生活習慣からくる高コレステロール→高脂血→脳梗塞というパターンではなく診断の数字上では、全く健康。それでも、脳梗塞でやられることがあるということです。

今から思えば、あれも予兆だったということが色々思い返されます。

室内での目の異常。右目の盲点。そしてTIA。

あまりBlogネタも無いし入院までの経緯を読んでもらって、皆さんの早期発見の一助にでもなればと、私の脳梗塞発症から退院までの記録を書きとめることにしました。
退院記と日付が前後するので、バックデートで書きます。

カテゴリーから”闘病記”へ入って頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

台湾からの贈り物

以前、集集線のCK124撮影でお世話になった、彰化機務段の邱家增氏から新年の挨拶と共に内湾線のCK124の写真が送られてきました。公開の許可を得ましたので紹介します。

一点は私が撮影を予定していた合興~富貴
20070101ck12401









20070101ck12402
もう一点は新竹での整備の模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元旦更新

新年明けましておめでとうございます。

昨年は年末に入院してしまい、不本意な年末となってしまいました。
今年は、健康第一で過ごせたらいいなと思っております。

 さて、年も改まりましたので、WEBを更新しました。
新年版になっていない場合はリロードを願います。
    ロコのページ

ホームページの表紙写真はお遊びです。
原版は、2005年の真岡鐵道の走り初めです。

月間ギャラリーは点数は少ないですが、2001年から出展していた「ニセコ写真展」での出展作品を掲示してみました。ご笑覧いただければ幸いです。

久しぶりにセミセンターキャブの部屋も更新しました。季節に合わせて、DE10の冬姿を紹介しました。
近いうちにDD16版も公開予定です。

 そのほか、年末に台湾鐵路局のCK120についての資料面の見直しをしました。
そのなかで、1978年現役当時の音も紹介しております。
こちらはパスワードを設定しておりますのでお問い合わせ願います。


20070101d200


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »