« 退院しました | トップページ | 内湾線のCK124(12/22の様子)  »

2006年12月22日 (金)

内湾線のCK124

本日(22日)から24にちまで、台湾鐵路局 内湾線で、としてCK124が運転されています。

今回は、保存運転用として整備された、元台東線のDR2050ではなく、前回の南廻線とおなじくインド製の旧客です。
どうも、私は旧客使用時の運転が鬼門となってしまったようで、台南100周年、南廻線に続いての、断念となってしまいました。
それにしても、台鉄の情報公開度は亡国の鉄道とは大違い。
新竹縣のWEBに回送ダイヤまで載っています。
CK124蒸氣老火車停靠事宜更正啟事

ただ、残念ながら今回も後補機としてDLがつきます。現役のように長編製の旧客を引く姿をもう一度見てみたいものです。

癪なので、現役時のインド製旧客7連の夕方の通勤通学列車を単機で軽快に引く姿を添付しましょう。
(ホームページにも掲載中です。)
場所は台中市内。ホテルからトボトボ歩いて行った覚えがあります。
この辺り、今は小奇麗な公園とビル街となっているようです。
20061222_n0090_33


|

« 退院しました | トップページ | 内湾線のCK124(12/22の様子)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94482/13160258

この記事へのトラックバック一覧です: 内湾線のCK124:

« 退院しました | トップページ | 内湾線のCK124(12/22の様子)  »