« 架線の無い軌道 | トップページ | 豪雪の後 »

2005年5月 1日 (日)

名残の名古屋市電

世の中連休である。10連休の会社もあるが、私の勤め先は8連休である。
もっとも、実態は会社にお出ることが多いし、おまけに会議まであって実質的には3連休だ。
その中で豊橋市内線へ行ってきた。
20050501IMGP0758国道1号線の立派な軌道を抜けると、今も石畳が残るのも嬉しい。
ちょうど、やってきたのは3100型と3200型。
3100型は、戦前の名車と言われる元名古屋市電1400型である。
私としては、今も名古屋時代と同じくホイッスルを鳴らしてくれるのが嬉しい。
そして、3200型は元美濃町線の580型だ。ヘッドライトをおでこからヘソへ移して1400型そっくりになっている。
今はのんびり走る彼らであるが、すでに岐阜から780型や800型が搬入されており、その動向が気にかかる。

|

« 架線の無い軌道 | トップページ | 豪雪の後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名残の名古屋市電:

« 架線の無い軌道 | トップページ | 豪雪の後 »