« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月29日 (日)

湘南色

関東ではめっきり減った湘南色であるが、静岡地区ではまだまだ多数見られる。

20050529IMGP0932
ここ浜松駅では、70形や80形を駆逐した113系2000番台が3連の短編成となって最後のご奉公をしている。また、身延線等で使われる115系も混じって使われている。
国鉄時代にはワインカラーで登場した身延用115系がJR化によって国鉄色である湘南色に戻ったのだからちょっと不思議な感じだ。

2005年5月28日 17:23 浜松駅にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月28日 (土)

5月のトラストトレイン

ネット上で言われているように5月のトラストトレインからC12は使用停止となり、大井川鐵道の蒸機が牽引することになった。
今月はC11227。これまでC12運転の際は、撮影に専念していて添乗ボランティアには参加できなかったので、こういう機会に添乗参加することにした。
今日の下りは1両増結の4両編成が満員となる盛況。
でも帰りに上り列車はトラストのメンバー以外はちらほらという状態で客車の旅を味わうこともできた。
20050528IMGP0915


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月22日 (日)

真岡へは行ったけれど

日曜日は久しぶりに真岡へ行ってきた。

C11が磐越東線で旧客を引いているので、きっとノンビリ撮れると思っていたのだが・・・

心配した天気は意外にも晴れた。
気を良くして新緑を目一杯撮ろうと思い、まずは畦道にタンポポが咲く八木岡で下りを待ったのだが、事もあろうか農道を爆走する併走車によって全てがパーになってしまった。
なんとも文句の言いようが無い。
20050522IMGP0845この写真は悲劇前の回送。


このあとも併走車に邪魔されたりで惨憺たる状況でさっさと下りだけで引き上げてしまった。
帰宅後、先週運転された台湾のCK124のビデオを見てふて腐れていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月21日 (土)

C5644と、C12208

今週のテーマ写真館はC5644です。

この機関車は戦時供出されてタイで使用されていた機関車です。
奇跡の生還を果たし大井川鐵道で現役復帰したのですが残念ながら、今は千頭駅にて休車(?)になっています。

1994年に大井川鐵道にC12208が養老ランドからやって来ました。
国鉄最後のC12でありボイラも更新されていた機関車でしたから、復活か!と期待したのですが、どうやらこのC5644の補修用として取得したようで今は臓物を全て剥ぎ取られて見るも無残な姿となっています。
もし、復活していたらC11190とともに熊本コンビとなったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月15日 (日)

アジアの原風景

私の住む岐阜市内は濃尾平野の北端にあるために市の南北で水田風景が大きく異なる。
北部は早稲が中心で既に田植えの時期である。一方の南部は6月まで田植えは始まらない。

20050515IMGP0812田植えを絡めた写真は昔から結構撮っている。台湾やベトナムへ行った際にもやはり水田の写真を撮っている。
水田は「アジアの原風景」だからであろうか、機械化されていても田植え風景を撮っていると気持ちが落ち着く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月14日 (土)

毎週更新

毎週金曜日のテーマ写真館の更新が遅れてしまった。
今回は、週末の飲みすぎの影響だが(;^-^A アセアセ

20050514_R0312_30
最近はネタ切れ気味のせいもあり、今月は大井川鐵道の蒸機とした。
トラストトレインの合間に露払い的に撮った写真が主体だけでど、意外と本番のトラストでは配給列車が来て涙を呑んだアングルとかのストックは結構ある。
もっともこれらは、C12での撮影成功を楽しみにズーッと眠ることになり公開できるのはそのアングル自体が消滅したときであろうか。残念ながら最近は結構そういう事態も多い。

写真はもう見られないB6の有火回送(牽引機はC11312)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 4日 (水)

パソコン更新

この連休を使ってパソコンの更新とデータ類の移植を何とか終えた。

これまで使っていたのは、P3-500MHzのWin98SEマシンだったが、今回は、P4 640-3.2GHzのXPだ。
性能的には飛躍的にUPしたが、実を言えば最近のデジタル機器の負担が大きくて切羽詰っての交代だ。

ここ一年、これまで使ってきたデジタル機器を立て続けに更新している。
最初が7月に突然に逝ってしまったフィルムスキャナー。
従来は、ポラロイド社のポラスキャン35ウルトラという、あまり知られていない機種を使っていた。
当時のフィルムスキャナはダイナミックレンジが狭く、私の愛用するコダクロームがスキャンできる唯一の機種がポラスキャンで当時としては最高の2700DPIだったからだ。実際に使ってみると会社で使っていた国産機に比べ、プレビュー/本スキャンともに快速で、各種フィルムパラメータも準備され非常に使いやすかった。
代わって投入したのは、Nikonの5000EDだが条件設定が難しく半年経つがコツがつかめない。
おまけに4000DPIという高解像度のためこれまでのPCではどっとスピードが遅くなってしまった。
これで、PC更新を考えるようになったのだが実現まで9ヶ月も掛かってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 3日 (火)

帰り道の楽しみ

最近は、車での撮影が多い。
早くから予約をしても、突発業務などで仕事が伸びて予定通りに出発できなかったりするためだ。
往路は撮影前のロケハン時間が確保したので、ほとんど目的地とのPoint To Pointになっているが、帰り道は仕事を控えた日曜午後を除けばノンビリしたものだ。

今回の飯山線ではいつもと少し帰路のルートを変えてみた。すると途中にちらりと木造駅舎が目に入った。
20050503IMGP0803長野電鉄の信濃川田駅だ。無人の交換駅だが創業当時と思われる駅舎が健在だ。
遠目には綺麗に見えた駅舎だったが近づくと結構なウエザリングが施されていて、お世辞にも手入れが良いとは言えない感じだ。ちょうど、電車がやってきた。木造駅舎と元都営地下鉄のステンレス車とは妙な組み合わせに感じるが、そんな贅沢が通じるようなローカル私鉄は殆ど皆無に近いのが現実だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 2日 (月)

豪雪の後

2日は、飯山線へ行ってきた。
昨年と同じく、DD16の引く団臨の撮影だ。
20050502Imgp0763
今回は満開のリンゴと組み合わせて撮影を目論んでいたのだが、まだチラホラといったところ。
沿線のロケハンをするため飯山以北へ向かうと道端に雪が残っている。昨年は少し山を登らないと見られなかったのだが、今年は違って、至る所に雪が残っている。春の訪れも遅く、西大滝ダムでは桜が満開だ。残雪の中に咲く桜というのは初めて見る光景だ。

20050502IMGP0785
フキノトウやツクシも芽吹いていて、ちょっと得した気分になって、一生懸命に地べたに這いつくばっての撮影となった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 1日 (日)

名残の名古屋市電

世の中連休である。10連休の会社もあるが、私の勤め先は8連休である。
もっとも、実態は会社にお出ることが多いし、おまけに会議まであって実質的には3連休だ。
その中で豊橋市内線へ行ってきた。
20050501IMGP0758国道1号線の立派な軌道を抜けると、今も石畳が残るのも嬉しい。
ちょうど、やってきたのは3100型と3200型。
3100型は、戦前の名車と言われる元名古屋市電1400型である。
私としては、今も名古屋時代と同じくホイッスルを鳴らしてくれるのが嬉しい。
そして、3200型は元美濃町線の580型だ。ヘッドライトをおでこからヘソへ移して1400型そっくりになっている。
今はのんびり走る彼らであるが、すでに岐阜から780型や800型が搬入されており、その動向が気にかかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »