「ロコのページ」 20年を迎えました。

1998年7月4日の開設以来、「ロコのページ」は20年を迎えました。
途中、Blogへの一本化、Face Book Pageへの切り替えも検討しましたが、そのままC12とセミセンターキャブを中心に珠には浮気をしながら続けてこれたのも皆さまのお陰と感謝しております。
これからも拘りを持ちつつ継続していきたいと思ってます。

今回は記念に開設当初からのホームページ画面を偲びたいと思います。
まずは開設当初のシンプルな画面。
当時、毎月ボランティアに参加していたトラストトレインを表紙としていました。

1sthomepage


第2世代はフレームの勉強を兼ねたもの。
2ndhomepage


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

「ロコのページ」 2018年10月の更新

「ロコのページ」を更新しました。
今月は久しぶりに「セミセンターキャブ」を更新。
また、久しぶりに大井川鐵道のC12を更新しました。
いつものようにホームページからお入りください。


  「ロコのページ」


写真は、山陰迂回貨物の仇花・・・関西線に登場したDE10+タキ運用の帰り道の重単です。
重単8970レ DE10 1592+DE10 1557  関西線 桑名~長島 2018-9-19撮影
20180919110820df8_6946


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

「ロコのページ」9月の更新

8月は更新をお休みした「ロコのページ」。
今月も真岡のC12 66が全検中で更新ネタが殆どありませんが無理やり更新しました。
いつものようにホームページからお入りください。


  「ロコのページ」


写真は、去就が注目される 真岡鐵道のC11 325と存置見込みのC12 66です。 2018-5-27撮影
20180527083304df8_4767


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月31日 (金)

真岡鐵道のC11 325のこと

8月31日に下記の記事が登場して蒸機ファンの間で話題になっているようだ。

真岡鉄道、SL1台で運行へ 維持費は増、乗客は減で2台困難に 下野新聞「SOON」ニュース

真岡SL「2台運行は困難」1台廃止し譲渡検討 YOMIURI ONLINE


C12大好きな私としては、C12が残って良かったと思う反面
重連運転が無くなったことでバック運転の機会が無くなってしまった事がとても残念です。

ところでこれらの記事・・・
大雑把な経緯は記事に書かれているが読んでいるとなかなか面白い。

  C11型とC12型がある2台のうち、劣化が進むC11型

製造年を見ると
C11 325は1946年製 C12 66は1933年製と、断然  C11の車齢が若いです!

復活営業開始年月(再整備)を見ると
C11 325は1998年11月 C12 66は 1994年3月とこれも C11の車齢が若いです!

変ですね。

ところで各車生まれ、復活した背景を見ると

 C12 66は昭和大恐慌後とはいえ、戦前の蒸気機関車の設計が確立し最も量産された黄金時代。

 C11 325は終戦直後の混乱期かつ車両自体は所謂戦時型。
  元々は木製デフ、角型ドーム等の資材節約、行程簡略と言えば聞こえが良いが粗製時代の車両。


更に(うわさでは)
 C11 325復元に当たって費用削減のために極力部品新製を避けたとか。

そういった製造復元の良し悪しがその後の状態に大きく影響して今に至ったのではないか下種の勘繰りをしている私です。

ちなみに大井川鐵道で復活したものの早々に引退したC11 312も325と同じ戦時型でしたね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

「ロコのページ」 2018年7月の更新

20年目となる「ロコのページ」 7月の更新をしました。
表紙写真は20周年を記念して、私の撮影の原点。明知線でのC12初撮り写真です。
今月も真岡は栃木DCのイベントが中心ですが、C12は個人的なメインイベントであった逆牽を終えた後、残念ながら6月26日に全般検査のため大宮に入場しました。
明知鉄道も新年度の運転が始まりました。
若桜鉄道はピンクSLから黒色に戻りました

いつものようにホームページからお入りください。


  「ロコのページ」


写真は、6月の運転の中で私が最も楽しみにしていた逆C12です。
20180615092931df8_5431


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

「ロコのページ」 2018年6月の更新

20180527081315dsc_2680_3


九州は早くも入梅。「ロコのページ」 6月の更新をしました。
今月も真岡は栃木DCのイベントが中心です。
明知鉄道も新年度の運転が始まりました。
若桜鉄道はピンクSLが続いてましたので遠慮させていただきました。
表紙写真はNHK朝ドラ「半分、青い。」ラッピング車とC12 244です。

いつものようにホームページからお入りください。


  「ロコのページ」


写真は2両体制の真岡。
実はDE10が入場中のための苦肉の策でもあるのですが、早くも6月2日にC12が故障して2、3日の運転イベントが中止になっています。
早く元気になって来週のイベントが滞りなく行われることを祈念します。

2018-05-27 真岡機関区

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

「ロコのページ」 2018年5月の更新

20180430184938df8_3741

GW前半は(日本の)中国地方へ行っていたので遅れましたが。「ロコのページ」 5月の更新をしました。
今年の桜の開花は早すぎて、真岡は栃木DCのイベントと重なり変則な撮影となりました。
イベントはC12+DE10の変速重連でしたが私的には、現役時の悪夢のようなSL+DLよりも回送で久しぶりに実現した逆C12が見ものでした。
4月後半はGWに入ったことから毎年恒例となってしまった若桜鉄道のピンクSLが登場。
今年は、ライトアップや花火打ち上げといった新企画が加わりました。
表紙写真は終了時の満月とC12 167です。

いつものようにホームページからお入りください。


  「ロコのページ」


写真は若桜のピンクSL 4月30日の新イベント、ライトアップの開始時の模様です。
2018-04-30 若桜駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

「ロコのページ」 2018年4月の更新

20180331112142df8_2458


「ロコのページ」 4月の更新をしました。
3月の真岡は客車3両の検査が未完了のため、2両編成での運転。
珍しいのとC12と似合った好ましい編成で延べ3日間撮影しました。。
3月31日からは通常の3両編成になっています。
また、明知のC12 244も3月は運転されました
毎年恒例の臺灣の運転が無かったのが寂しいですが私にとって今年は
初臺灣以来40年となりますので、表紙写真は懐かしい現役時代の臺灣CK124としました。

いつものようにホームページからお入りください。


  「ロコのページ」


写真は3月として4日目の真岡詣でとなった31日は私にとっては299日目の真岡詣で。
この枝垂れ桜を撮りたくて西田井へ行ってきました。

2018-03-31 撮影 6001レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

「ロコのページ」 2018年3月の更新

20000401rr0349_10_3


少し遅れましたが「ロコのページ」も3月の更新をしました。
真岡は2月は検査のため運休でしたが3月1日から再開したので
早速これを撮っての更新です。
また、三月で廃止になるJR西日本の三江線。
ここにはDD16やDE10が乗り入れたことがあり数少ない写真をまとめてみました。
表紙写真は最近の真岡鐵道沿線の気になる景観です。
太陽光発電所設置で消えていった景観です
今回も雑木林が伐採される現場を見て寂しくなりました

いつものようにホームページからお入りください。


  「ロコのページ」


写真は表紙と同じ西田井です。ここには木蓮もありましたがもう撮れません。
2000-04-01 撮影 6002レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

「ロコのページ」 2018年2月の更新

201801271431df8_0819jpgimg_20180127


2018年も1ヶ月が過ぎて2月。暦の上では春を迎えようとしています。
「ロコのページ」も2月の更新をしました。
今回は1月の真岡鐵道のみです。
「SLもおか」は真岡鐵道公式ホームページにおいて客車の定期検査のために2月は運休が予定されています。/font>
このため、1月は久しぶりにC12牽引となった「SL新年号」をはじめ3週に渡って真岡詣でをしてきました。/font>

いつものようにホームページからお入りください。


  「ロコのページ」

写真は今回撮れた幸運な「天使の輪」です。

2018-1-27 撮影 6002レ 真岡鐵道 茂木~天矢場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「ロコのページ」 2018年正月の更新